ワイン

オーガニックな「ラ・サングリア」はおススメ

パエリアがときどき食べたくなります。先日、という謳い文句に誘われて、エル・チャテオ銀座店でパエリアランチを食べてきたばかりです。ステイホームの今、家内が試行錯誤しながら、パエリア作りに挑戦しています。長粒種のタイ米を使ったりと工夫してくれ…

ルー・デュモンのコルトン・グランクリュ2014年を抜栓

最近知り合ったばかりの同郷のワイン好きを自宅に招いて、セラーに寝かせておいたコルトン・グランクリュ(ルー・デュモン)2014年を抜栓しました。アニバーサリーや特別な日に飲もうと思って当たり年に気に入ったワインを買ってセラーにストックしておいて…

5月2日夏日のランチはシチリアーナにヴィシソワーズ

1年で最も過ごしやすいこの時期に、外出自粛継続とは辛すぎます。GW突入、早朝から家族連れで散歩する姿が目立ちます。三密対策を意識しながら、ウォーキング・ジョギングするなら人出の少ない早朝にかぎります。今日のランチメニューをぼんやりと考えていた…

オーケーストアで買うべきお勧めワイン

生活圏内にオーケーストアが開店したのは5年前の2015年。米ウォルマートの価格戦略を取り入れたEDLP(Everyday Low Price)で有名なスーパーマーケットで、外資系かと思いきや、横浜に本社のあるれっきとした日本企業なのです。非公開企業なので業績や株主構成…

幻のメーカーズディナー&イタリアワイン特別試飲販売会

「コロナショック」の影響で先月の建国記念日に予定されていたメーカーズディナーが急遽内容変更されました。来日するはずだったエノロゴ(醸造家)が渡航を断念したからでした。「コロナショック」の影響を身近に感じた最初の出来事でした。このイベントは…

リーデルのテイスティングセミナー@新宿タカシマヤ

昨夜、新宿タカシマヤで開催されたリーデルのテイスティングセミナー(1時間)に参加したところ、ソムリエ主催のテイスティングセミナーと違って、メーカーならではの視点も手伝って、結構楽しめました。定員は10名、外商さんが早めに教えてくれたお陰でなんと…

ボジョレ・ヌーヴォー解禁日に観た「ブルゴーニュで会いましょう」

昨夜は、2年前に観そびれた映画「ブルゴーニュで会いましょう」を鑑賞しました。たまたまその日はボジョレ・ヌーヴォーの解禁日、ブルゴーニュの至宝と呼ばれるネゴシアン、ドミニク・ローランのボジョレをゲットしたばかりで、うってつけのワイン日和となっ…

新酒アジロンダックワインを味わう

12日(日)は自家用車で山梨県立文学館で開催中の「津島佑子展」へ。竹下景子さんによる『火の山-山猿記』の朗読と対談(川村湊X石原燃)を聴いた後、同乗したボランティア仲間のリクエストで、数年ぶりに、勝沼ぶどうの丘に立ち寄りました。最寄り駅の東側の観…

ホームパーティにイタリアワイン三種!

この週末は知人を招いてホームパーティを催します。メニューが決まればいつものようにワインセレクションは自分の役目、昨日が初日の伊勢丹イタリアウィークに出掛け、散々試飲を愉しんだ挙句、写真のような3本を調達してきました。赤はMarquis De Mons Marg…

ジビエを堪能したあと不覚にも・・・

今年の狩猟解禁日は11月15日、待ちに待ったジビエの季節の到来です。祝日の昨夜は、ジビエ専門店でコースディナーを頂いて参りました。最近は、猟友会の高齢化が進んで猟師は減り続け、里山に餌を求めて現れるツキノワグマやヒグマの駆除さえ儘ならないご時…

ボジョレー・ヌーヴォー退潮・・・に想う

11月の第3木曜日はボジョレー・ヌーヴォ-の解禁日。日付変更線のせいで最初に解禁される先進国が日本とあって、思えば、バブル全盛期80年代後半の解禁日の熱狂は凄まじいものがありました。ピーク時の2004年には1248万本が輸入されたといいますから、そのお…

MASIのコスタセラアマローネ2010年は秀逸だった!

2009年、2010年とグレートヴィンテージが続いたことはワイン通にはよく知られています。ヴィンテージチャートを見ると、2010年は、ボルドーやブルゴーニュの作り手のみならずイタリア産ワインにとってもおしなべてグレートヴィンテージだったことが分かりま…

チリ産ワインの輸入量がフランス産を抜いてトップに!

チリ産ワインの輸入量がフランス産を抑えて初の首位、ワイン通ならずとも少なからず驚かされるニュースではありませんか。メディアは次のように報じています。<財務省が発表した貿易統計によりますと、去年1年間のワインの輸入量はスパークリングワインな…

侮るなかれチリカベ〜デルスール2014年〜

今年もあと3日で大晦日。手持ちのメガロスの株主優待券を消化しようと今週は連日のジム通いで少々へこたれ気味であります。就寝前にワインを飲むと瞬く間に白河夜船。最近、内飲みワインの絶品を見つけたのでご紹介しておきます。その名は「デル・スール カ…

Liv-ex Fine Wine 100 Index 〜指数推移に見る高級ワインの値動き〜

ワイン人気100銘柄の価格動向を示すLiv-ex100指数が、2011年6月の高値365から凡そ30%強低下し、足元では240台あたりで推移しています。中国富裕層による支出鈍化が好調だったワイン需要にもブレーキをかけているようです。近年、積極的に中国進出を進めてき…

シャブリの季節〜家飲みにお薦めの白ワイン〜

先週は真夏日が続いたので、キリッと冷やしたシャブリに手が伸びました。夕餉の30分前くらいにセラーから冷蔵庫へ移し替えてサーブすると美味しく頂けます。週一のジムが終わった後などついつい焼鳥屋に寄って生ビールを飲みがちですが、これからの季節、辛…

贈り物の「ポートフォリオ 2007」

昨夜、テレビドラマ「独身貴族」第5話を観ていて、社員の誕生日プレゼント選びに悩む主人公星野守(草薙強)にいたく共感しました。趣味趣向の合わないモノを頂いて困惑した経験は、誰しも少なからずあるのではないでしょうか。会社員時代、接待を受けるとき…

ブランジェリーナのロゼ

ザー・ガーデン自由が丘のワインの品揃えにはバイヤーのこだわりが感じられるので、時々立ち寄ることにしています。同店人気No1ワインで20万本を完売したというフォンタネル社のカベルネソーヴィニョンは、重厚な本格派ワインながらコストパフォーマンス抜群…

真夏のお薦め休日ランチ

今日、東京で猛暑日が5日連続となれば観測史上初だそうです。日本列島全域がヒートアイランドと化しているようです。そんな猛暑のなか、外食であれば「ざる蕎麦」や「うな重」あたりが個人的には狙い目。ところが、昼時ともなれば美味しいお店はどこも行列で…

フランチャコルタの甘い誘惑

初夏を迎えようとするこの季節からスパークリングワインが美味しく感じられるようになります。とりあえず麦酒も悪くありませんが、アペリチフを発泡性ワインにして食欲を昂じてみるのも夏バテ防止には効果的です。シャンパーニュ至上主義に真っ向勝負を挑む…

ブラン・ド・ブルー(食卓に彩りを添えるスパークリングワイン)

ホームパーティのホストの楽しみのひとつにワインセレクションがあります。料理に合わせてどんな銘柄のワインを準備しておいたらゲストに悦ばれるのか、ない知恵を絞って思案するのも愉しいひとときです。昨年、大変評判が良かったのは<BLANC de BLEU CUVEE…

今年のシャトー・モンペラ

2009年のシャトー・モンペラが入荷したと贔屓のワイン屋さんからメールが届いたので、昨年に続き箱買いすることにしました。と云うのも、『神の雫』に紹介されてから一躍人気ワインになってしまったので、この時期を外すと纏め買いのチャンスを逸することに…

田崎真也さんのワインセミナー

昨夜、京王プラザホテルで催されたワインセミナーに参加してテイスティングを愉しんできました。講師は昨年11月に国際ソムリエ協会の会長に就任したばかりの田崎真也さん、一流ソムリエならではの豊富な経験に基づくワイン講義はユーモアに溢れ実に楽しいも…

オーパス・ワン2007年最新ヴィンテージ考

毎年10月下旬になるとエノテカ丸の内を訪ねてオーパスワンの先行特別販売のフライヤーを貰うことにしています。今年はオーパスワンのエチケットカラーで縁取られた上品なフライヤーが用意されていて吃驚、その上、2001年のグレートヴィンテージを髣髴させる…

BYO

昨夜は邦銀時代の後輩がメガバンクの執行役員に昇任したのでお祝いをかねて神楽坂でワインパーティを開きました。執行役員の選に漏れた海外畑の同期が20年前にカリフォルニアで切った手形をやっと決済してくれました。彼の振り出した手形とはハレの日にふさ…