カタール・サッカーW杯・グループステージに《一喜一憂》

日本が初戦でドイツを2-1の逆転勝利で下した翌日、スポーツ紙はもとより全国紙の一面にも「ドーハの歓喜」の五文字が躍りました。中東で訪れたことのある都市はUAEのドバイだけです。コロナ禍さえ長引いていなければ、現地ドーハで間違いなく観戦していたはずです・・・渡航制限が大幅に緩和され、世界中からサポーターやファンがカタールの首都ドーハに集結しているのを見て渡航しなかったことを後悔しているところです。

初戦前半の不甲斐ない日本の戦いぶりに(視聴者のひとりとして)半ば敗戦を覚悟して臨んだ後半、システムが突如3バックに変わり、75分の堂安律による同点ゴールに続いて、83分に浅野拓磨が守護神・ノイアーのニアサイドを撃ち抜く見事な逆転シュートで予期せぬドラマチックな結末を迎えました。前半は完全にドイツが支配していました。前半後半を通じてわずか26%のポゼッションで日本がドイツに敗北をもたらした恰好です。世界中のメディアが驚愕するのも無理はありません。なにしろ、初めて日本が国際Aマッチでドイツから白星を挙げたのですから。

試合直後の円陣で選手たちに向かって森保監督は興奮気味にこう言い放ちました。

《みんなの努力が結果に出て良かったよ / ただし、ただし、一喜一憂するなよ / 次が大切だぞ / これを生かして、また次に勝利すること / しっかりと準備してやっていこう / お疲れ様でした。》

どこにでもいそうなサラリーマンのような風貌の森保監督は、W杯本戦出場に至る長い道程において、メディアやファンからの悪評に度々晒されてきました。事実、サッカーファンの多くが森保監督を頼りないリーダーだと思っていたはずです。ドイツ戦の歴史的勝利をもたらしたのは、選手起用法も含め随所で的中した森保采配の賜物です。掌返しで監督を賞賛するファンは節操のなさを深く自省すべきでしょう。テレビから聞こえてきた森保監督らしからぬ熱の篭もった言葉を耳にして胸が熱くなりました。

昨日、日本時間19時から行われた第2戦で、日本はスペインに0-7で敗れたコスタリカと対戦、大方の期待に反して0-1で日本が敗れる否や、一部のファンは戦犯探しに転じ、失点につながるミスをしたDF吉田麻也やGK権田ら守備陣を袋叩きにし始めます(伊藤洋輝選手の度重なるバックパスにはさすがに閉口しましたが・・・)。とまれ、2021年9月2日、アジア最終予選(グループB)初戦ホームでオマーンに0-1で敗れたときのサポーターやファンの反応と瓜二つです。いまだに収まらないこうした一部熱狂的ファンの豹変的な反応をいつも苦々しく思っています。「一喜一憂するなよ」と力強く選手を戒めた森保監督の言葉は、暗にファンへも向けられたものだったのでしょう。W杯の怖さを一番知っているのは指揮官である監督です。FIFAランキングの格下とはいえ、コスタリカは手強いに違いないと森保監督は思っていたからこそ、声を大にしてこの言葉を発したのです。

元日本代表MF本田圭佑のABEMA解説が好評です。本田も現役時代しばしばサポーターやファンから誹謗中傷されたひとりです。下馬評では日本のグループステージ敗退濃厚でしたから、本田圭佑の言うように「(僕らが)勝手に(決勝トーナメント進出を)期待して、勝手にがっかりしているだけ」なのです。テレビやABEMAを前にしてひとりで《一喜一憂》するのは一向に構いませんが、SNSなどでミスをした選手を誹謗中傷するのはどう考えても卑怯でマナー違反です。

グループステージ最終戦となるスペイン戦のキックオフは、12月2日日本時間午前4時です。ドイツに続き、格上の強豪スペインと日本代表がW杯の大舞台で戦えることを素直に悦び、早朝観戦を楽しみたいと思います。願わくばドイツ戦のような展開になりますように。

栗にまつわるミニレクチャー~ネットに入った「栗」の品種は?~

今年秋、日本有数の栗の産地・笠間市を2度訪れました。自宅から距離にして140km、クルマで2時間ですから、収穫の秋の週末ともなれば大勢の観光客で賑わいます。2019年9月にオープンした<道の駅かさま>には栗専門のカフェやショップが軒を連ね、併設の駐車場はごった返していました。歩道の隅に並んだ可愛らしい栗のオブジェが印象的です。

下の写真は笠間市内では断トツの人気店「U-A Cafeモンブラン」で提供される「プレミアムモンブランケーキ」です。1度目は雨天に訪れたにもかかわらず売り切れ。写真の「プレミアムモンブランケーキ」は2度目にようやくありついたとき撮影したものです。周辺は「石切山脈」と呼ばれ、最高級石材・稲田白御影石の産地として知られています。モンブランの載ったゴージャスなお皿がその稲田白御影石製です。

<道の駅かさま>の直売所で気づいたことがあります。この直売所では栗の品種がきちんと明記されて売られていたのです。都内のスーパーで栗を買う場合、産地表示はあっても栗の品種(新種の「ぽろたん」を除いて)が明記されていることは殆どありません。市場に出回る代表的な品種にかぎっても、下表のように、出荷時期や特徴が異なります。直売所にもネットに入った栗が売られていましたが、中身は一体どんな栗なのだろうかと新たな疑問が頭を擡げてきます。

最近、会員制のスイーツ店"Mont Blanc STYLE"を訪れたとき、店主の竿代さんが食後にミ二レクチャーして下さった御蔭でこの疑問が氷解しました。栗の収穫量を上げるためには品種の異なる栗の木を混植する必要があるのだそうです。確かブルーベリーも花期の近い同一系統から混植すると聞いたことがあります。同じ道理ですね。栗は自身の花粉では受粉しづらい性質(「自家不和合性」)が強く、1本の木では実がならないというわけです。そうなると、収穫時期に品種をより分けるのは農家にとって相当な手間になりますから、単に「栗」と表示して市場に流通させることになるのでしょう。

続けて、竿代さんは果実は総じて小粒の方が断然美味しいのだと力説します。栗も然りで、高値で商いされるのは大粒であっても、味や香りが良いのは中粒や小粒だといいます。収穫の秋、"Mont Blanc STYLE"で提供される《プレミアム・モンブラン HITOMALU》は「人丸」という小粒の品種から作られます。生産農家が少ない「人丸」を店主自ら栗畑を耕して栽培しているということです。「人丸」で作られた「モンブラン」を食べられるのは、日本中探しても、"Mont Blanc STYLE"と本店「和栗や」だけなのです。

十三代目市川團十郎白猿襲名披露11月「昼の部」の寸評~圧巻の「祝幕」は村上隆作~

11月7日から十三代目市川團十郎白猿披露十一月吉例顔見世大歌舞伎が始まりました。大安吉日の19日(土)に「昼の部」を観劇したばかりですが、今週は「夜の部」を鑑賞します。歌舞伎界の祝祭・成田屋さんの襲名披露公演は演目を変えて十二月も行われます。37年ぶりの成田屋襲名披露公演を歌舞伎座で鑑賞できる倖せを心から噛みしめています。口さがないマスメディアはチケットの売行きが不振だと盛んに囃したてますが、11月は「昼の部」・「夜の部」とも完売、12月も口上のある「夜の部」は早々と完売しています。実際に舞台に足を運んだことのない記者が風聞で記事を書いているのでしょう。期待と重責を背負う十三代目の内なるプレッシャーに少しは想像力を膨らませて欲しいところです。そして、新・團十郎への根拠なきネガティブキャンペーンもほどほどにしてもらいたいものです。

「昼の部」の『祝成田櫓賑』は、舞台広しと鳶頭や男伊達に芸者が加わり成田屋さんの襲名を言祝ぎます。容姿端麗な錦之助さん演じる鳶頭信吉と梅枝の芸者姿が際立っていました。続く歌舞伎十八番のうち『外郎売』は八代目新之助の初舞台。一段高いところに鎮座する工藤祐経役の菊五郎さんは後見の佇まい。新之助を見つめるその眼差しは恰も孫を見るかのようでした。花道へ新之助演じる外郎売こと曽我五郎を招き入れようと舞台上の少将や游君が声掛けする様子は、愛する我が子を迎え入れるようで実に微笑ましいものでした。大舞台に動じることなく、堂々と『外郎売』の長台詞を澱みなく畳みかける新之助丈は宛ら小さな巨人、大器の片鱗を十二分に披露してくれました。

勧進帳』は、幸四郎が富樫左衛門を、猿之助義経を演じました。筋金入りのファンには物足らないと言われる新・團十郎の口跡は、海老蔵の頃よりずいぶん良くなったなと感じます。特別公演の仁左衛門富樫に比べると、幸四郎の朗々たるセリフ廻しの歯切れが良すぎて、「山伏問答」における弁慶を追い詰めるような関守の気迫がやや後退気味だったのが気になりました。弁慶vs富樫の火花を散らすような対峙をもっと前面に押し出しても良かったのではないかと思います。

2018年の高麗屋さんの三代同時襲名披露の「祝幕」のデザインを手掛けたのは草間彌生さんでした。十三代目市川團十郎白猿襲名披露の「祝幕」は、草間彌生さん同様、世界的に知られる現代アーティスト・村上隆さんのデザインです。「祝幕」には、市川宗家が大切にしてきた演目「歌舞伎十八番」のエッセンスがすべて描き込まれています。草間彌生さんの「祝幕」もカラフルで素敵でしたが、高さ7.1m・幅31.8mに及ぶ村上さんの「祝幕」一杯に拡がる構図は、歌舞伎の世界観そのものです。以前、森美術館で見た全長100mに及ぶ村上隆さんの大作《五百羅漢図》を彷彿させます。正面に『勧進帳』の弁慶と『外郎売』の曽我五郎を配し、背後に『暫』の鎌倉権五郎景政の長素襖が大きく開いています。色彩豊かなこの「祝幕」は超弩級の迫力で、稀代の現代アーティストからスーパーヒーロー新・團十郎への最高の贈り物ではないでしょうか。

「ロストフの14秒」の教訓

今夜、2022年カタール・サッカーW杯の初戦・日本vsドイツ戦が行われます。サッカーファンも俄かファンもテレビの前に釘付けでしょう。Jリーグには無関心な「にわか」の自分も今か今かとテレビ観戦を待ちわびているところです。日本が戦う1次リーグE組には、ドイツ(FIFAランキング11位)とスペイン(同7位)という格上2チームが君臨していますから、歴史を塗り替えようと森保ジャパンが挑むベスト8進出は言うは易し行うは難しです。心強いのは日本代表26人うち、主将の吉田麻也(シャルケ)はじめドイツ1部リーグでプレーする選手が7人もいることです。敵を知れば百戦危うからずですからね。

初戦を前に、4年前のロシア大会決勝トーナメント1回戦・強豪ベルギー戦の後半アディショナルタイムの伝説映像をNHKスペシャル(2018/12/8放映)の再放送で視聴しました。忘れもしない痛恨の14秒は試合会場のロストフ・アリーナに因んで「ロストフの14秒」と呼ばれています。「ドーハの悲劇」(1993年10月28日)に匹敵する本大会の残酷な現実です。

後半開始早々、原口元気乾貴士の華麗なゴールで強豪ベルギー相手に2点先制。しかし現実は甘くありません。ベルギーのフェルトンゲンフェライニのゴールで無情にも2-2に追いつかれ、試合は目安4分の後半アディショナルタイムに突入します。

残酷な逆転劇はここから始まります。本田圭佑の直接FKをGKクルトワがセーブし日本がCKを獲得。本田がCKでゴール前に放り込んだボールをクルトワが直接キャッチ。いち早く中央で前線へ走り出していた司令塔MFデブルイネへグラウンダーで素早くパスを通し、天晴れの超高速カウンターが起動します。

デブルイネがハーフラインを越えた時、相対したのは途中出場のボランチ山口蛍。デブルイネは時速30kmに達する得意のスプリントで抜け出し10m間隔の大きなタッチを2回してゴールに迫ります。進路を塞ごうと山口蛍が前進してくるのを見越したかのようにデブルイネは突如減速し、右サイドを駆け上がってきたDFムニエにパスを出します。長友がマークしたムニエはそこからグラウンダーのクロスを出して、ストライカーのルカクが敢えてこれをスルー。キャプテン長谷部の脚がボールに少し触れていましたが、軌道を大きく変えることには繋がりませんでした。左サイドからゴール前に走り込んだMFシャドリが球を受けて、完全なフリーで悠々と決勝点を叩き込みます。ルカクはチームの勝利のためにシャドリに手柄を譲ったのです。ロスタイム終了まじかの万事休す、GKクルトワがボールを投げてからわずか14秒の出来事でした。

グループリーグでは奏功した本田圭佑のCKはベルギーに完全に見透かされていました。起点となったGKのクルトワイエローカードを取られてでも倒しおくべきだったと吉田麻也は振り返ります。長友はピンチがチャンスではなくチャンスがピンチだったと取材に応じています。

強豪ベルギー相手に2点を先取してチーム全体に心のスキが生まれたのです。グループリーグのポーランド戦の時間稼ぎのパス回しのしっぺ返しのようにも思えます。ベルギーその後も快進撃を続けロシア大会を3位でフィニッシュ。本田のCKや山口蛍の守備などマイクロな敗因探しは無益です。慢心こそがロシア大会決勝トーナメント敗退の主因だったのだと思います。初出場メンバーがマジョリティの新生サムライブルーは果たして「ロストフの14秒」の教訓を活かせるのでしょうか。ドイツ初代宰相のビスマルクは、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言いました。初出場組が歴史に学んでくれることを期待します。

2022年秋の新企画|和栗やの絶品アフタヌーンティー「和栗づくし三段重」を賞味する

東京・代々木八幡にある「Mont Blanc STYLE」(2018年5月オープン)が会員制になって以来、年に数回、名物「モンブランデセル」目当てにお店を訪れることにしています。会員制といっても営業日は週にたった3日ですから、甘くて芳醇な香りが楽しめる「人丸」という希少品種で作られるプレミアムモンブラン「HITOMALU」が登場する秋のカウンター席はいつも争奪戦です。この希少栗「人丸」を100%使ったモンブランは、日本中どこを探しても和栗やの2店舗(谷中本店・Mont Blanc STYLE)でしか頂くことが出来ません。店主の竿代さん曰く「人丸」は別格だそうです。茹でても中は真っ黄色いで味がしっかり濃い上に雑味がなくて風味が豊か、唯一の難点は小粒で植えている人が殆どいないこと。だからこそ、竿代さんは「人丸」にこだわって自社農園の運営に乗り出したのです。

9月1日、店主・竿代さんからメルマガ「HITOMALU通信」9月号が届きました。和栗やさんのプライドをかけて、近々、栗のアフタヌーンティー「和栗づくし三段重」をデビューさせるとあります。栗好きには堪えられないこの新企画、一般公募であっという間に満席になってしまいました。11月7日(月)に会員優先枠(12名X5)が設けられたのですが、こちらもあえなく選外・・・・

竿代さんのお計らいで追加開催日が設けられて、ようやく写真のような「和栗づくし三段重」にありつけました。初めて訪れる谷中の和栗やさんは、テーブル席と小上がり合わせて12席のこじんまりしたお店でしたが、店主の美意識とこだわりが隅々まで行き届いた設えがとても素敵でした。お品書きと共にテーブルに運ばれた三段重には梅結びの水引飾りが添えられています。お重の蓋を開ける前からこんな嬉しい演出ですから否が応でも期待で胸が躍ります。

<一の重>
新栗のそぼろ/自家製モンブランアイス/モンブランタルト/栗みつ寒天

<二の重>
プレミアムモンブラン『HITOMALU※/渋皮モンブランクリーム/低温殺菌純生クリーム

<三の重>
焼きたて・栗とバターのmariage/栗薫大福/モンブランショコラ/純栗きんとん

<重外>
モンブランソフト※オーガニックワイルドブルーベリーのグラニ

<お茶>
茶名人小室栄寿氏の『特上煎茶』/『厳選茎ほうじ茶』※

美しい見た目以上にひと品ひと品の完成度が高く、栗の風味や食感を余すことなく楽しめました。一流ホテルのアフタヌーンティーのクオリティを遥かに凌駕しています。驚く哉、プレミアムモンブランモンブランソフトに厳選茎ほうじ茶(※)は採算度外視のお代わり自由。有り難すぎてレジでご挨拶される店主には深々と頭を下げるしかありません。この「和栗づくし三段重」企画、来年以降も是非続けて欲しいと思います。

LaQuaのロウリュ&アウフグース全解説

「ただいま東京プラス」の恩恵に浴して、先週末もLaQua+ホテルライフでした。この日の夜、東京ドームでのコンサートが開催されるとあって、東京ドームホテルのエントランスはチェックイン前の宿泊者でごった返していました。待ち時間は2時間前後、それでも皆さん辛抱強く椅子にかけて待っています。日本人の行儀の良さにはほとほと感心させられます。2週間前ののときもそうでしたが、東京ドームでコンサートが開催される日の東京ドームシティ周辺の混雑ぶりは常軌を逸しています。

さて本題です。都内では屈指の人気を誇るスパLaQua(男性)には4つのサウナがあります。「アウフグース」が行われるのは「中高温サウナ ヴィルデンシュタイン」です。6階受付でプラスティック製の館内着引換証を受け取ったら、脱衣所手前のロッカー受付へ進み館内着と引き換え、このタイミングで「アウフグース」の申込みをします。抽選箱から番号の書かれたリストバンドを受け取ったら、開始5分前に「ヴィルデンシュタイン」前に集合します。アウフグースは2部制になっていて時間帯は次のとおりです。

第1部 14:30 15:30 16:30
第2部 18:30(土日祝のみ) 19:30 20:30 21:30

各回の定員は25人ですから週末の夕方はすぐに満席になってしまいます。早めに申し込んでおかないと折角のサービスを受けられません。但し、一度に複数回の申込みはできないので要注意です。

入場はリストバンドの番号順です。熱せられたサウナストーンにアロマウォーターが注がれるとジュージューと音を立てて蒸気が上昇します。この日のアロマウォーターは「アイランド」。ローズマリーベルガモットなど6種類の成分が含まれ、熱波師はこのアロマウォーターをバケツから3回に分けてサウナストーンにかけていきます。ここまでが「ロウリュ」です。立ち昇る香気が「ロウリュ」の最大の魅力で、疲弊した心身を優しく癒してくれます。LaQuaでは月単位で3種類のアロマウォーターを使い分けているそうです。

アウフグース」とは、熱したサウナストーンにアロマウォーターをかけ、蒸気を発生させたのち、タオルなどを使ってサウナ室中に蒸気を広げ、一人一人に向かって扇ぐことで、サウナの母国フィンランドではなくドイツ発祥のサービスです。

LaQuaではサウナハットを持参している人を多く見かけます。サウナハットには高温の蒸気が直接頭皮に当たるのを和らげる効果と共に髪の毛を保護する役割があります。サウナハットを被り鼻から口までタオルで覆っておけば、約10分間の「アウフグース」を最後まで楽しめます。1回目は優しい風ですが、2回目、3回目と強く煽られることで蒸気の対流が強くなっていくので、最後まで座っていられるのは参加者の半分くらいです。初心者は無理せず途中退出した方が賢明です。特にサウナストーン近くの最上段に座ると、皮膚が悲鳴を上げるくらい熱波が全身を襲います。

熱波師になりたくてスパLaQuaでバイトしている人が多いと聞きます。お師匠さん格のたまちゃんと呼ばれる方が有名ですが、風の送り方はそれぞれの熱波師が工夫して行うので、決まった送り方はありません。この日は熱波師IさんとYさんの回に参加しましたが、タオルを頭上で回すパフォーマンスを見せてくれるYさんには、参加者から何度も拍手が送られました。

アウフグース」の後は水風呂へ直行です。LaQuaのメインの水風呂は水温17℃、「ととのう」には最高の環境なのです。

「ただいま東京プラス」の我流活用策|"Spa LaQua"入館引換券付ステイプラン一択

今年10月11日より実施されることになった「全国旅行支援」の枠組みがすんなりと頭に入らなかったのは、2年前に刷り込まれた「Go To トラベル」事業のせいです。当時は、宿泊代金や日帰り旅行代金の50%相当(宿泊は上限2万円)を国が支援するという実に太っ腹なキャンペーンだったので、沖縄や九州への旅に最大限活用させて貰いました。感染拡大であっという間に中止に追い込まれましたが、地域クーポンが付与される第2弾はさらに魅力的だったので記憶に強く焼きついています。

これに対して、「全国旅行支援」に先立って実施された「県民割」や「ブロック割」は各都道府県が独自に制度設計したために、利用回数がまちまちだったりと混乱に拍車をかけたようです。利用者よりも観光事業者が戸惑ったのではないでしょうか。おまけに支援金額上限は1人1泊5000円に大幅縮小し、「Go To トラベル」と比べると著しく見劣りします。地域ごとに異なる感染状況に鑑み、全国一律だった「Go To トラベル」を都道府県単位に分割したことがそもそもの過ちです。税金を投入するのですから、全人口の約10%を占める東京都を置き去りにした先行実施はあり得ません。

感染者が減ってようやく実施された東京都の観光補助は、名称からして実に紛らわしいのです。「都民割」は東京がアルファベット表記で「全国旅行支援」は漢字表記・・・シンプルに「都民割」でいいでしょう。「都民割」にあたる「もっとTokyo」はクーポンなしの割引上限5000円まで(6000円以上の利用)。「全国旅行支援」に相当する「ただいま東京プラス」(割引対象期間:10月11日~12月20日)を利用すれば、平日3000円(休日3000円)のクーポンが付与され、交通付プラン以外なら最大40%上限5000円まで割引が受けられます。後者がお得ということになりますが、併用可能なプランもあるので損得計算はややこしくなります。いずれも都内旅行が対象ですが、都心のラグジュアリーホテルに宿泊するとなると補助額は焼け石に水。計算上、1人1泊12500円(夕・朝食除き)で最大限の補助を受けられることになりますが、都内ではその値段で泊まれるのはせいぜい平凡なビジネスホテルといったところです。島嶼地域ならいざ知らず、都内に自宅があるのにわざわざビジネスホテルの狭い客室に泊まる気にはなれません。

ホテル椿山荘東京など一流ホテルが提供した客室数限定の特典付き専用宿泊プランは忽ち完売。なかなかターゲットが定まらないなか、目をつけたのは、東京ドームホテルが提供している<スパ ラクーア入館引換券付ステイプラン>。我が家は家族全員サウナ好きなので、ロウリュサービスのある”Spa LaQua”はお気に入りのスポット。入館料だけでも大人2900円(土日祝日は+550円)かかりますから、入館引換券の付いたプランは大変魅力的です(12月1日から入館料の値上げが事前告知されています)。しかも、入場規制(週末は大変混みます)があっても優先入場できるというおまけ付きです。普段なら、その日にクルマで帰宅するわけですが、徒歩数分の東京ドームホテルで宿泊できるとなれば、入浴後のリラックス度合いが俄然違ってきます。

そんなわけで、今月から来月にかけて週末の幾日かは東京ドームホテルステイでのんびり過ごすつもりです。サウナ好きの目に留まったのか、「全国旅行支援」期間中の週末は完売。平日は日によって空室があるようなので、ラップトップPC持参でホテルで仕事するのもありかなと思っています。