<モエレ沼公園>から企画展「イサム・ノグチ 発見の道」へ

6月1日から再開した都美の企画展「イサム・ノグチ 発見の道」(会期:8/29まで)へ足を運ぶ前に、どうしてもこの目で見ておきたかったのが札幌市東区にある<モエレ沼公園>でした。同公園の基本設計を手掛けたのは世界的彫刻家として知られるイサム・ノグチ。もともとはゴミの処理場だった広大な埋立地は、今や、札幌市を代表するランドマークに生まれ変わっています。<モエレ沼公園>の着工は1982年、1988年3月に札幌を訪れたイサム・ノグチが請われてすでに建設の始まっていた公園造成事業に一石を投じるマスタープランを提示し、同年12月に氏が急逝するも、その遺志を引き継いで2005年グランドオープンに漕ぎつけたものです。<モエレ沼公園>は、謂わばイサム・ノグチの遺作でもあるのです。

新千歳空港から車で約1時間。先月10日、念願の<モエレ沼公園>を訪れました。生憎、札幌市に「まん延防止等重点措置」が適用中だったため、「ガラスのピラミッド」内部のギャラリー見学やレンタサイクルの利用等が制限されていましたが、公園内は自由に往来できたので所期の目的を果たせました。標高62mの「モエレ山」や「プレイマウンテン」をはじめ、大人も子供もワクワクするような工夫が随所に散りばめられています。日本建築学会賞(2008年)をはじめ数々の賞に輝いたのも当然です。人工的な創造物でありながら、ノグチの遊び心が生み出したいかにも大陸的な起伏に富んだ景観はしっかりと北の大地に根づいています。イサム・ノグチは彫刻家であると同時に景観デザイナーの先駆者でもあるのです。フラットな芝生エリアではカラフルなテントが目立ち、家族が休日を楽しむ光景はノグチの目論見どおりだったに違いありません。面積189haに及ぶ壮大な都市公園は、入園料も駐車料金も無料。札幌を訪れたら、<モエレ沼公園>で日がな1日過ごしたいところです。唯一の難点は交通アクセス、札幌中心部からは地下鉄とバスを乗り継がないと行けません。

北海道から戻って、早速、都美へ。完全予約制なので混雑から解放されて快適に企画展を鑑賞できました。コロナ禍が収束しても混雑緩和の観点から引き続き予約制を維持して欲しいものです。展示は、第1章|彫刻の宇宙 第2章|かろみの世界 第3章|石の庭の三部構成。絵画の場合、壁に所狭しと作品を掲げ、じっくり鑑賞するゆとりがないケースが殆どです。その点、本企画展の作品数は94点だったのも理想的でした。

ぬくもりを感じさせる提灯の灯りや溶融亜鉛メッキ鋼板やブロンズを用いた彫刻群よりも、2Fの石の彫刻群(撮影不可)に惹かれました。その多くはイサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)所蔵の作品でした。60歳で高松市牟礼町に「石のアトリエ」を構え、若き石工・和泉正敏と出会い、好んで用いた石材が庵治石(花崗岩の一種)(右上の写真の左手は会場に設置されたノミ切り仕上げの庵治石です)。会場では大型ディスプレイで生前のまま保存されているアトリエや住居の様子を窺えます。若きイサム・ノグチは、「この地球そのものが彫刻ではないか」と閃いたのだそうです。20代で構想したという遊び山<プレイマウンテン>は<モエレ沼公園>で実現します。イサム・ノグチの石の彫刻は、屋外の環境と一体化してこそ、真価を発揮するのだと確信しました。

最近刊行された『イサム・ノグチの空間芸術』(松木裕美著・淡交社刊)は、高層ビルに象徴される資本主義社会へのイサム・ノグチの関わり方にスポットライトを与えています。イサム・ノグチの多彩な業績は、コロナ禍にあって、より脚光を浴びるのではないかと思います。

マエストロ鈴木雅明氏が語る「マタイ受難曲」(21-6-20)

先月20日、「マタイ受難曲を語る」と題した出版記念講演を聴こうと朝日カルチャーセンター新宿教室へ足を運びました。オンライン受講も可能でしたが、肉声を聞きたくて最後の一席に滑り込みました。勉強熱心な高齢者が目立つカルチャーセンターはどちらかといえば苦手な存在。スポットで興味のある講座があれば参加する程度なので、今回は数年ぶりの新宿教室(@新宿住友ビル10階)訪問になります。ちなみに、今回の講座料金は4565円(受講料4400円+設備費165円)でした。

講師はバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)音楽監督を務める鈴木雅明氏。本講座は、4月に出版されたばかりの著書『バッハ、神と人のはざまで』(音楽之友社)の記念講座という位置づけです。

バッハ(1685-1750)が42歳の頃、作曲したとされる「マタイ受難曲」(BWV244)はイエス・キリストの受難を主題とした荘厳な楽曲です。初演は1727年4月11日@ライプツィヒ聖トーマス教会、8年後に楽曲は改訂され再演されています。演奏時間が3時間に及ぶ全68曲の大作ですが、バッハが作曲したもうひとつの受難曲「ヨハネ受難曲」と比べると、一人称による瞑想的な内容を孕んだコラール(会衆歌)やアリアが重要な役割を果たしているのだそうです。キリストの死で終わってしまう悲劇的な「マタイ受難曲」ですが、その先のキリストの復活を意識して聴くことがポイントです。構成は、教会の礼拝構造そのままに、「聖句」、「自由詩」(詩人:ピカンダー)、「コラール」に分かたれます。毎年、BCJ聖金曜日や復活祭に合わせて「マタイ受難曲」を演奏するのだそうです。マエストロは、演奏の都度、重々しいスタート(第1曲)に項垂れることがあると吐露しながら、何度演奏しても飽きることがないと言います。

周到に計画されたという「マタイ受難曲」の典型的なパートは第45曲bと第50曲bの「十字架につけよ」という部分。先の著書には<各声部が驚くほど整然と階段上に登場した、第49曲「ただ愛により」を中心にシンメトリーを築く様は、激しい響きであると共に、驚くほど図形的象徴的役割を果たしています>とあります。もう少し講義のエッセンスを披露したいところですが、咀嚼し切れていない部分の方が多いので、別の機会に譲ることにします。

興味深かったのは、通常演奏される1736年の改訂後期稿において、赤インクで聖書テキストが強調された美しい自筆譜が残されているという事実。バッハの時代、スコアはインクで書かれ、後年、ベートーベンの時代になると鉛筆に取って代わられるのだそうです。

神戸ご出身の鈴木氏による関西弁も交えたユーモア溢れる講座は、質疑応答で延長戦に突入。氏のバッハ愛は炸裂しっ放しでした。人類史上最高の音楽遺産も言われ、作曲家の武満徹坂本龍一も絶賛する「マタイ受難曲」を、来年こそBCJの演奏で聴いてみようと思っています。

立花隆さんの後悔〜森羅万象への尽きることのない好奇心の代償〜

立花隆さんの著作を貪るように読んだ時期がありました。20代で出会った『宇宙からの帰還』(1983年)を皮切りサイエンスの世界に切り込んで次々と刊行される氏の著作は殆ど目を通したはずです。どこまで理解できたかは甚だ心許ないのですが、日本人ノーベル賞受賞者の業績を素人にも分かり易く紹介した『精神と物質』(1990年)や『小林・益川理論の証明』(2009年)は、立花さんらしい徹底的な調査や取材に基づくものです。宇宙、サル学、脳、臨死体験と多様な分野へ関心が波及し、その勢いたるや、サイエンスに疎い新聞・雑誌ジャーナリズムを嘲笑うかのようでした。

「関心がある分野は最低10冊は読むべきだ」という読書の達人立花さんのアドバイスは今も大切にしています。自分自身、ジャズ、ワイン、歌舞伎、登山と関心が芽生えた分野に関しては、少なくとも5冊は関連書籍(基本書)を購読するようにしています。何事においても先達はあらま欲しきかなということでしょうか。

幼い頃から早熟で読書家だった少年橘隆志君(本名)は、小学校3年生にして山本有三全集や吉川英治の『三国志』を読破、中学生になると河出版「世界文学全集」に触手を伸ばします。高校時代は受験勉強に時間を取られ読書量は激減したといいます。

立花さんは、出世作田中角栄研究」(1974年)に費やした厖大な時間を後年後悔したと言われています。金権腐敗政治の解明に注いだ時間をもっとエキサイティングな分野へ充てたかったということでしょう。文学に過度に偏った読書体験についても、同じような思いを吐露されています。40代以降の先端サイエンス分野への傾斜は、そうした後悔の裏返しに思えてなりません。立花さんの100冊を超える著作のなかで、印象深い異色の一冊を挙げるとすれば、「シベリア・シリーズ」で知られる洋画家香月泰男に光を当てた『シベリア鎮魂歌-香月泰男の世界』(2004年)になります。

インターネットの普及・進化によって、立花さんが調べることに費やした膨大な時間は大幅に短縮されることになりました。「知の巨人」という称号を立花さんは晩年苦々しく思っていたのではないでしょうか。

立花さんが亡くなったのは4月30日(享年80歳)のこと。2ヶ月弱、メディアが沈黙していたのが不可思議でなりません。

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』(2019年)で知るホロドモール

時代背景を知ってから観るとこの映画をより深く理解できると思います。本作は、実在したイギリス人ジャーナリストによるスターリン治世下のソビエト連邦をめぐる決死の取材を描いたものです。冒頭、ウエールズ出身の若きジャーナリスト主人公ガレス・ジョーンズ(ジェームズ・ノートン)は、英国政府内の会議でヒトラー台頭の危険性を指摘して、周囲の失笑を買います。明晰な分析力を買われ英国首相ロイド・ジョージの外交顧問を務めていたガレスは、世界恐慌の真っ只中、例外的に経済発展を遂げるソビエトの実情に疑問を持ち、ひとりモスクワに渡り、至難の取材に挑みます。このとき、ガレスはすでに外交顧問の職を解かれ、フリーランスのジャーナリストに過ぎません。

頼りにしていた現地の記者仲間は面会後まもなく殺害され、ピューリッツアー賞受賞歴のあるNYタイムズモスクワ支局長のウォルター・デュランティ接触するも、ほどなくソビエト政府による饗応で完膚なきまでに骨抜きにされていることを知ります。ソ連経済の実情を取材するには、モスクワから脱出するしかありません。

党幹部の知遇を得て、贅沢な料理やお酒が供される一等車に共に乗り込み、ウクライナに向かいますが、後部車両へ移動してみるとみすぼらしい身なりの乗客が皆、空腹のせいで衰弱し切っていることに気づきます。途中で党幹部の目を盗み下車、ガレスはひとり荒野に足を踏み出します。

そこで目にするのは想像を絶する飢餓に苦しむウクライナの人々の姿でした。荷車に折りたたむように積み上げられた死体の山に泣き止まぬ赤ちゃんが放り込まれ、かろうじて生き永らえる幼な子が口にしていたのは兄弟の人肉でした。

「ホロドモール」(飢饉意味する「ホロド」と病死を意味する「モール」を組み合わせた造語)とは、スターリン統治下の旧ソ連ウクライナ地方で1932年から1933年にかけて人為的に招かれた大飢饉だったのです。

ウクライナといえば小麦の世界的生産地。第二次大戦中、その肥沃な黒い土「チェルノーゼム」にナチスが目をつけ運び出そうとしたことでも知られています。外貨獲得のために収穫された小麦は国外に輸出され、天候不順による生産量の激減が生産者をさらに追い詰めます。

この大飢饉によってウクライナでは人口の20%(国民の5人に1人)が餓死し、正確な犠牲者数は記録されてないものの、400万から1450万人以上が亡くなったと言われています。ホロドモールは旧ソ連政府の情報操作で長く隠蔽され、80年代になってようやく政府が認めたのだそうです。

この映画を観るまで、恥ずかしいことに「ホロコースト」と並ぶ20世紀最大の悲劇のひとつとされる「ボロドモール」の悲劇を詳しく知りませんでした。内政不干渉を盾にこうした「ジェノサイド」は今なお巧妙に隠蔽されています。中国政府によるウイグル弾圧はその一例です。米政府は「ジェノサイド」認定しましたが、日本政府は慎重な姿勢を崩していません。

この映画のエンドロールには、その後のデュランティとガレスの対照的な運命が流れます。かつて社会の木鐸と呼ばれていた新聞の購読者は減る一方で、新聞社は経済的窮地に追い込まれ、自由な取材による公正な報道は危機に瀕していると言えます。ガレス・ジョーンズが終生貫き通した使命感を我が国のジャーナリズムはいつまで保持できるのでしょうか。

映画『ホテル・ムンバイ』のエンドロールに感涙

2008年11月26日夜、インド最大の都市ムンバイ(旧英語名称:ボンベイ)で同時多発テロが発生し、鉄道駅、病院、レストラン、ホテル等がパキスタン系テロリスト集団に襲撃されました。犯人グループの正体は今も不明のままです。映画『ホテル・ムンバイ』(2018年制作)の舞台は、実際に襲撃された五つ星ホテルのひとつ「タージマハル・ホテル」なのです。

一度、観た映画でしたが、amazon prime videoに登場したので迷わず再視聴しました。視聴者の評価は近年稀に見る満点5に近い高評価を獲得しています。同時期に制作されたクリント・イーストウッド監督の『15時17分、パリ行き』を遥かに凌ぐクオリティだと思います。テロ鎮圧まで丸3日を要し、死傷者が数百名に及んだムンバイ同時多発テロ事件の真相に迫るドキュメンタリー映画と見ることもできます。丹念な取材の成果が随所に窺われます。刻一刻と生命の危機が迫るホテルにあって、従業員は命懸けで宿泊客をテロリストから護ろうと奔走します。スイートルームに宿泊することになった新婚夫婦、赤ちゃん、ベビーシッターが事件に巻き込まれていきます。手に汗握る展開と比類なき臨場感に、観る者は只々圧倒されます。主人公のホテル従業員アルジュンを演じたのはデヴ・パテル。スラムドッグ$ミリオネア』(第81回アカデミー賞作品賞他受賞)でジャマールを演じ喝采を浴びた役者さんです。シーク教徒のアルジュンは、信仰の証であり高潔と勇気の象徴であるパグリー(ターバンの一種)を勤務中も頭に巻いたままです。髭面とパグリーに嫌悪感を覚える宿泊客には、愛する家族の写真を見せて理解を求めます。ところが、銃弾を受け瀕死の重傷を負った女性客を前にすると、アルジュンは意を決してパグリーを解き、包帯代わりに止血の用に供します。気高い人間性と無私の精神はアルジュンにとどまりません。

受付嬢ふたりは、銃を突きつけられ宿泊客に「救助隊が到着した」と偽の電話をかけるよう強要されますが、拒絶したため射殺されてしまいます。このホテルが我が家だと言う精勤35年のフロント係は、逃げ惑う宿泊客の盾となって追っ手の銃弾を浴び落命します。”Guest is God”という平時の誓いを非常時にあっても貫いた従業員は、まさに「ムンバイの戦士」でした。

銃撃戦のみならずテロリストの放火で多大の損害を被った「タージマハル・ホテル」は、修復に2年弱をかけ、2010年8月15日(インド独立記念日)に全面的な営業再開に漕ぎ着けます(写真はロイターより)。映画のエンドロールで、営業再開に歓喜する従業員やゲストの姿が流れます。ムンバイを訪ねる機会があったならば、ゲストを神様というより血の通った家族のように遇してくれる「タージマハル・ホテル」に宿泊したいものです。

6月23日は沖縄「慰霊の日」

今日、6月23日は沖縄「慰霊の日」(1965年に沖縄県が制定した記念日)です。沖縄ではこの日はお役所も学校もお休みになります。上皇陛下は、「終戦記念日」、「広島原爆の日」、「長崎原爆の日」とともに「後に忘れてはならない4つの日」だと表明されています。テレビで平和祈念公園における追悼式の様子を見ると、雨天でご遺族の方は傘をさしての参列でした。沖縄タイムスとヤフーの共同アンケート(回答者2000人)によれば、この「慰霊の日」を知っていたのは全国でわずか25%。4人に3人は知らなかったということです。戦後日本の復興再建が、本土防衛のために持久戦を強いられた沖縄県民十数万人の犠牲の上にあるのみならず、現在も駐留米軍専用施設の約7割が国土面積の約0.6%の沖縄に集中していることで成し遂げられたことを、日本人は決して忘れてはなりません。

なぜ、「慰霊の日」が6月23日と定められたのでしょうか。太平洋戦争末期、苛烈を極めた沖縄戦は1945年3月26日に始まり、旧日本軍の組織的戦闘が終了したのが6月23日とされているからです。1945年6月23日午前4時頃(6月20日、6月22日と異説もあるようですが)、沖縄守備軍最高司令官牛島満中将と参謀長長勇少将が摩文仁の軍司令部洞窟で自決したため、これにより沖縄守備軍の指揮系統は完全に消滅し組織的戦闘が終了したのです。それ以後、残存日本兵の掃討作戦が始まり、組織的抵抗のできなくなった日本兵はなお戦い多数の命が喪われました。

沖縄戦は、沖縄県民を巻き込んでの<火と鉄の暴風>による虐殺に等しかったと言われます。特に、首里陣地から撤退を開始した5月最終週からの20数日間はもはや組織だった戦闘ではなかったと故半藤一利は『指揮官と参謀』(文春文庫)のなかで述べておられます。

長引くコロナ禍の影響で、来館者が2020年度前年比86%も減少した糸満市の<ひめゆり平和祈念史料館>は6月6日、Twitterで経営危機を訴えたところ、ツィートが瞬く間に拡散し3000万円を超える寄付が集まったそうです。那覇市の<対馬丸記念館>(注)も8割以上、来館者が激減しています。戦争を語り継ぐこうした施設が経営危機に陥っていることに強い危機感を感じています。沖縄戦から76年、百聞は一見に如かずです。コロナ禍が終息したら、修学旅行や体験学習でなるべく大勢の小中学生に現地を訪れて欲しいものです。

(注)対馬丸記念館:1944年8月、アメリカ軍の魚雷攻撃で沈没し、775人の子供たちも犠牲となった学童疎開船「対馬丸」の悲劇を伝えようと遺族らの手で建てられた施設のこと。

ゆったりと寛げる椿屋珈琲店~ビーフカレーと珈琲は黄金の組み合わせ~

不摂生な生活が祟って睡眠不足が昂じ、このところ、ポカミスを連発しています。六月大歌舞伎(第三部)の予約日当日、チケットを持たずに自宅を出発し、四ツ谷駅で気づいて慌てて引き返すという痛恨のミスを犯してしまいました。妻が気づいて連絡をくれたのですが、スマホも忘れて出掛けたので後の祭り。結局、ひとつ目の演目『京人形』を諦め、軽食を挟んで、楽しみにしていた新作『日蓮』(主演:猿之助)になんとか滑り込みました。

自宅と最寄駅の間を往復したせいですっかり空腹になり、有楽町イトシア2階にある椿屋珈琲店(有楽町茶寮)に飛び込みました。ファストフードで腹拵えしても良かったのですが、無性に椿屋珈琲名物のビーフカレーが食べたくなったというわけです。気持ちが逸るときは、レトロな雰囲気の漂う椿屋珈琲店で寛ぐに限ります。コーヒーカップやお皿はロイヤルコペンハーゲン製です。大正時代の銀座の洋館(1号店は銀座花椿通り)をイメージしたという高級感あふれる店内で過ごす時間は、少し高めの価格設定と十分トレードオフすると思っています。コメダ珈琲店ドトール系列の星乃屋珈琲店より断然好みです。ちなみに、椿屋珈琲は東和フードサービスが展開するブランドです。

注文したのは椿屋特製ビーフカレーに椿屋スペシャルティブレンドビーフカレーは具沢山な上、美味しいサラダとピクルスがついてきます。もう少しサフランライスのボリュームがあれば申し分ありません。食後に供されるサイフォン1本立てのコーヒーは、スペシャルティコーヒー豆を使っているだけあって、コクと甘味のバランスが絶品でした。ビーフカレーに食後のコーヒーという組み合わせは、相性抜群で、黄金の取り合わせではないでしょうか。セット価格は税込1925円でした。