スーパーリアリズム絵画の殿堂・ホキ美術館を訪ねて

ホキ美術館と聞いて心当たりのある方は、相当絵に詳しい方か美術館マニアではないでしょうか。ホキ美術館(千葉市緑区あすみが丘)は、2010年11月に開館した写実絵画専門美術館です。ディスポーザブル医療製品メーカー・ホギメディカル創業者・故保木将夫氏のコレクションがベースになっています。サントリー美術館やアーティゾン美術館(旧ブリジストン美術館)をはじめ企業ミュージアムは数あれど、ホキ美術館は古今東西の美術品を蒐集・展示する総合美術館とは一線を画する存在です。現代日本人画家の写実絵画に的を絞った蒐集方針を掲げる唯一無二の美術館なのです。

開館直後に訪れるはずだった予定が急用で流れて以来、10年越しの念願を叶えるべくホキ美術館を訪れました。都内からクルマで約1時間半、公共交通機関を利用するならJR外房線土気駅(とけえき)が最寄り駅になります。千葉県有数の規模を誇る総合公園「昭和の森」に隣接する立地は悪くないのですが、県外からのアクセスはお世辞にも良いとは言えません。クルマによるアクセスがベストです。

ホキ美術館は、施設そのものがアートです。都心の高層ビルにある企業ミュージアムとは好対照の地に足のついた美術館であることは、ある意味、大変贅沢なことです。地価や建築コストが急騰している現在、キャッシュリッチな大企業と雖も、ホキ美術館のような施設を新たに作り上げることは至難と言えるでしょう。

自然環境に恵まれた立地もさることながら、ユニークな形状の外観が真っ先に来館者の目を奪います。地上1階、地下2階の三層構造の回廊型ギャラリーが他では見られないホキ美術館オリジナルの設え(設計:日建設計)です。2011年に日本建築大賞を受賞しています。駐車場から背後へ回ると、中空に30m突き出した巨大な回廊が覆いかぶさるように迫ってきます。

企画展「作家の視線 過去と現在そして・・・」が開催中です(~24/11/11)。制作に最低でも数ヶ月、場合によっては数年を要する写実絵画の傑作が、回廊の白い両壁に展示されています。ルーブル美術館のように壁一面に所狭しと絵画を並べるのではなく、ひとつひとつの作品の個性に配慮して、十分なスペースを空けて展示がなされています。全館LED照明が導入され、壁にはピクチャーレールがありません。細密描写に徹した傑作の数々を飾るにふさわしい空間です。国内屈指の展示環境と言えるのではないでしょうか。


五味文彦《レモンのある静物》2009年


三重野慶《ひかりのはなし》2018年

有名作家の森本草介野田弘志の作品はもとより、初めて対面する写実作家たちの作品のクオリティの高さに目を瞠りました。なかでも瑞々しいレモンを配した構図が特徴的な五味文彦静物画に惹かれました。石黒賢一郎の《存在の在処》は、制作・加筆に10年を要したと言います。カメラアイでは再現不能な瞬間を切り取った傑作だと思いました。作家の名前こそ列挙しませんが、写真館の背景のような地に描かれた人物画の数々も、毛髪の質感や衣服の感触が伝わってきそうな傑作揃いです。


野田弘志《神仙沼-保木将夫に捧ぐ-》2021年

圧巻は、Gallary 3の超大作《神仙沼-保木将夫に捧ぐ-》(野田弘志・2021年制作)です。北海道ニセコ山系にある沼のなかで最も美しいとされる沼を描いた作品で、高さは3m、幅にして7mもあります。

ホキ美術館にはイタリアアンレストラン「はなう」(要予約)が併設されています。駆け足で訪れるのが勿体ない美術館ですから、次回はたっぷり作品を鑑賞したあとに「昭和の森」を眺めながらワイン&ダイニングも愉しみたいと思っています。

「文枝と小朝の二人会」を聴く

傘寿を迎えた文枝師匠をお祝いする落語会が各地で開催されています。昨夜、銀座ブロッサム中央会館で開催された「文枝と小朝の二人会」に足を運びました。東西落語会の重鎮ふたりが高座を務めるとあって、会場は満席でした。6月は、銀座を皮切りにあと4ヶ所で同様の落語会が開催されます。

落語の場合、歌舞伎やクラシックのコンサートと違って、当日まで演目(ネタ)が分からない場合が多々あります。何が聴けるか分からないのも落語会の楽しみのひとつです。写真(下)は、終演後、バックヤードに掲げられた演目リストです。

トリを務めたのは年下の小朝師匠。「(高齢の)文枝師匠を20時以降働かせるわけにはいきませんから」と断って、会場の笑いを誘います。

文枝師匠は、『誕生日』を披露されました。師匠の得意ネタのひとつ『妻の旅行』の続編を思わせる展開です。マクラが絶品でした。ボケ始めた夫は、オカンと連れ立って訪れた診察室を訪ねたものの、医者の質問に上手く答えることができません。オカンに叱られ叩かれながら少しずつ本音を吐露していきます。小朝さん然り、澱みなく本題へと誘う小噺の切れ味はさすがと言うしかありません。子沢山の父親の米寿を祝う会に集まった子供たちとボケの始まった父親の何とも噛み合わない会話が聴きどころです。さしずめ、傘寿を迎えた文枝師匠の未来予想図でしょうか。

後半、小朝師匠が高座に上がると、いきなり歌舞伎の話を始めます。歌舞伎ファンを自意識過剰だと揶揄しながら、一方で服装を気にしない落語ファンをからかって会場を笑わせます。披露されたのは人情噺『中村仲蔵』、一代で仲蔵の名を大名跡へ押し上げた初代・中村仲蔵(1736-1790)の立身出世噺です。初めて聴く演目だったので、リズミカルに繰り出される小朝師匠のセリフの細部に理解が及ばず、消化不良のまま終演となりました。講談師の6代目神田伯山が得意とする演目だとあとで知りました。弁当幕と呼ばれた『仮名手本忠臣蔵』五段目の斧定九郎(おのさだくろう)、俄然、歌舞伎で観たくなりました。

2024年六月大歌舞伎の祝幕~襲名披露興行の愉しみ~

2024(令和6)年六月大歌舞伎が1日初日を迎え、連日、歌舞伎座萬屋ファミリーの新しい門出を祝う華やかな舞台が繰り広げられています。


©松竹

それは、5代目中村時蔵が初代萬壽を、4代目中村梅枝が父の跡を継いで6代目中村時蔵を襲名、その息子・小川大晴(ひろはる)君が5代目中村梅枝として初舞台を踏む三代同時襲名という一大慶事です。加えて、萬屋一門・中村獅童の愛息ふたりが初代中村陽喜、初代中村夏幹として初舞台を踏むというものです。開演前に手に取った絢爛豪華な特別チラシ(写真・上)からも、華やいだ舞台の雰囲気が伝わってきます。

昼の部は妻に譲って、夜の部を観劇しました。初代萬壽襲名披露の演目は『山姥』。小川大晴(8際)改め5代目梅枝を名乗ることになったお孫さんが怪童丸(のちの坂田金時)を演じ、山姥(萬壽)が都へ旅立つ息子・怪童丸を見送るという筋立てです。名門・萬屋の芸道を承継することになった新梅枝への餞にふさわしい演目です。


©松竹

劇中、大御所・菊五郎が登場し萬屋一門の新たな門出を言祝ぎます。口上を聴くたびに身の引き締まる思いです。どんな舞台であれ、その蔭で役者さんは想像を絶するようなお稽古に励んでいます。襲名披露となれば尚更です。大きな節目を迎えた役者さんを応援する傍ら、血の滲むような精進の成果をしっかり受け止められるように、観客もまた歌舞伎を深く味わえるよう精進しなければならないと思っています。

口上と並ぶ襲名披露興行のもうひとつの楽しみは「祝幕(いわいまく)」です。定式幕が日常の装いだとすれば、「祝幕」はハレの場を演出する特別な引き幕です。手元の『新版歌舞伎事典』(平凡社)に「祝幕」の語釈はありません。いつからのしきたりなのでしょうか。十三代目市川團十郎白猿襲名披露でお披露目された「祝幕」の原画を手掛けたのは村上隆さんでした。萬屋三代襲名披露の「祝幕」にはウォーターフォールが描かれていたので、ひと目で作者が分かりました。この「紅白滝図」を手掛けたのは日本画家・千住博さんです。中村獅童さんの長男・陽喜君と次男・夏幹君のための「祝幕」にはユーモラスな風神・雷神が描かれていました。「祝幕」の原画を描いたのは、ビートたけしさんだそうです。襲名披露興行とは、普段は推し量ることの出来ない後援者と役者さんとの深い繋がりを知る機会でもあるのです。

明月院の異名は「うさぎ寺」?

近所の玉川上水縁に紫陽花が咲き始めました。久しぶりに「あじさい寺」で知られる明月院を訪れたいと思い、先週末の土曜日、湘南新宿ラインで北鎌倉に向かいました。接続がいい時間帯だと中央線から新宿乗換えで1時間ちょっとで現地到着です。9時半過ぎに北鎌倉駅で下車すると、大勢の観光客が円覚寺前で屯していましたが、幸い、明月院に向かう人は少な目でした。

細かい寺歴は割愛しますが、明月院の創建は1160年、足利三代将軍義満の治世で本院・禅興寺が関東十刹の首位となり、支院の明月院が今日まで存続しています。

鎌倉のハイキングコースを歩くと、切り立った岩肌にぽっかり空いた洞穴をよく見かけます。これは「やぐら」と呼ばれる中世の墳墓です。開山堂の左手の「明月院やぐら(羅漢洞)」は、鎌倉最大の「やぐら」だそうです。三方を山で囲まれた古都・鎌倉らしい景観です。

古刹の明月院で目を引くのが可愛らしいお地蔵さんです。写真のように「花想い地蔵」が今が旬の紫陽花を抱えていました。以前拝観した折にはなかった「ウサギ共和国」と命名されたうさぎ小屋が現れました。拝観口先の小さな橋では、欄干越しにせせらぎを眺めるウサギとカメのオブジェを見かけました。月の模様を餅つきするウサギに例えるのは万国共通ではないようですが、帝釈天がウサギを月で蘇らせたとする幻想的な仏教説話は、明月院にこそふさわしい気がします。

表参道の両脇の紫陽花は、手が掛からないからという理由から先代住職の発案で植えられたそうです。方丈の悟りの丸窓越しに奥庭を望むお座敷の手前には、花菖蒲が活けられていました。お地蔵さん然り、今流行りの<インスタ映え>を先取りするかのような明月院のサービス精神には熟々感心します。

少し早めの<明月院ブルー>を愛でたついでに、明月院のほぼ真北に位置する六国見山(ろっこくけんざん)(147m)までハイクしました。山頂標識に気づかず通り過ぎてしまい、展望の利いた場所から引き返しました。ヤマスタの鎌倉ハイキング、残すは衣張山と祇園山です。

屋久島3泊4日の旅(後篇その2)|10年ぶりの<ヤクシマシャクナゲ>当たり年に宮之浦岳登頂

「淀川登山口」で軽く屈伸運動をして登山開始、30分ほど歩いたらログハウスのような「淀川小屋」に着きました。前日の縄文杉トレッキングで十分過ぎるほど雨に降られたご褒美でしょうか、屋久島3日目は望外の晴天に恵まれました。梢から差し込む早朝の日差しを浴びて気分は上々、山の神様のお計らいに感謝の言葉がありません。淀川小屋で朝食のおにぎり弁当を平らげていると、前日、縄文杉トレッキングで見かけた2組のツアーがやって来ました。ひとつしかない男女共用のトイレの前に一斉に7~8人が並びます。あたりが騒々しくなってきたので、休憩をそこそこに先を急ぐことにしました。すぐ先の淀川に架かった橋からの景色は一見の価値ありです。少し立ち止まって、透明感溢れる清冽な流れを眺めました。

登山道はよく整備されています。木道のステップに鉄製の滑り止めが施されている箇所もあって、登山者への配慮が行き届いています。

登山開始から2時間が過ぎたあたりで左手の視界が拓け、標高1711mの「高盤岳(こうばんだけ)」山頂の「トーフ岩」が目に飛び込んできました。その名称どおり、お豆腐を等分に切り分けたような形状をしています。地中深くから隆起する過程で巨大な花崗岩に圧力がかかり亀裂が走ります。そこへ雨水が入り込み、冬場に水分が凍結し膨張することによって、長い年月をかけて巨岩を穿っていったのでしょう。思わずため息が漏れるような自然の造形美です。


無名の展望所から太忠岳・天柱石を望む

その先20分ほど進むと、地図に載っていない展望所がありました。こちらが「高盤台展望所」かと思ったくらいです。写真・上のような矢印に従って進むと、全体が白っぽく見える巨石が現れ、一気に眺望が拓けます。座り込んで巨石をよく観察してみると「正長石」と呼ばれる結晶が浮き出ていることに気づきます。真正面に見えるのは「太忠岳(たちゅうだけ)」(標高1497m)の巨石「天柱石」です。密かに「太忠岳展望所」と命名しておきます。時間的制約から、初日のヤクスギランドは80分コースでお茶を濁しましたが、ヤクスギランド入口を起点に片道4時間登れば「太忠岳」に登頂できます。次の機会に是非とも攻略したいスポットです。


花之江河から黒味岳を望む

日本最南端の高層湿原域が「小花之江河」から「花之江河(はなのえごう)」一帯です。尾瀬ヶ原を彷彿させる佇まいです。「花之江河」にはベンチが設置され、ランチ休憩にもってこいのスポットです(下山の際に立ち寄って、祠の前で遅い昼食を摂りました)。何と言っても眼前の「黒味岳」(標高1831m)を望む景色が秀逸です。ザックから行動食を取り出して食べていると、中年の男性が「最近、誰もヤッホーしないんだよね~」と呟きながら、「黒味岳」の山頂で佇む登山者に向かって「ヤッホー」と大声で叫びました。ヤマビコは返ってきませんでしたが、清々しい気分に包まれました。

「黒味分れ」を過ぎるとロープ場が次々と現れ、本格的な登山らしくなってきます。「投石湿原」を経て「黒味岳」と「投石岳」の鞍部・「投石平(なげしだいら)」までたどり着くと、展望が拓けて巨石群が現れます。ここまで来ると、お天気次第ですが、めざす「宮之浦岳」が姿を見せてくれます。屋久島の中央部に位置する「宮之浦岳」は、島の外周部すなわち麓から決してその姿を窺うことができません。だからこそ、遥々「宮之浦岳」をアタックする価値があるのです。

以前なら6月上旬に咲き誇ったヤクシマシャクナゲの見頃が、近年少しずつ早まっているようです。地球温暖化の影響なのでしょう。今回の屋久島遠征のプランニングにおいて、最も悩んだのがいつ訪れるべきかという点でした。梅雨や台風シーズンは論外として、渋滞回避の観点から、登山者が列をなすGWや夏休みも除外しました。秋も良さそうですが、咲き誇る<ヤクシマシャクナゲ>の群生を見たいという一心から今回の日程(5月18日~21日)に決めました。


宮之浦岳直前の笹原

首尾は上々でした。2014年以来10年ぶりの<ヤクシマシャクナゲ>の当たり年に遭遇できた上、心地良いそよ風が吹く快晴の気象条件の下だったのですから。1700mを過ぎると森林限界です。「白骨樹」(写真・上)を横目に<ヤクシマダケ>が生い茂る細い山道を進み、少しずつ標高を上げていきます。奇岩と笹原からなる特徴的な景観が、「宮之浦岳」一帯の余所にはない大きな魅力ではないでしょうか。「安房岳」⇒「翁岳」⇒「栗生岳」を経て、ようやく「宮之浦岳」の頂きを極めることが出来ました。頭で分かっていても、直前の偽ピークが「宮之浦岳」の山頂に見えてならず、フェイク・ピークを乗り越える度に気持ちをリセットしました。


山頂より西を望む(中央が永田岳・左は国割岳・右はネマチ・小さな島は「口永良部島」)

登頂時刻は10時30分過ぎ、登山開始から5時間弱が経っていました。九州本土方向に目を遣ると、薩摩富士こと「開門岳」がポッカリ浮かんだように見えます。西の方角に迫って見えるのが、薩南火山群島最大の火山島・「口永良部島」(噴火警戒レベル3)です。屋久島は火山ではないので、そもそも「口永良部島」とは地質学的に成り立ちが違うのでしょう。山頂標識の背後に見えるのが細長い「種子島」です。視界は良好、360度パノラマを満喫しながら、inゼリーでエネルギーを補給しました。

山頂では夥しい数のウンカが発生していて、頭部に集るので閉口しました。蚊取り線香を持参しながら火種を忘れた男性2人組から、ライターやマッチを持っていないかと尋ねられましたが、生憎持ち合わせておらず、ウンカを撃退する術はありません。下山路の水溜りでも度々大量発生しているウンカを見かけました。

栗生岳を過ぎたあたりの下りで小学生くらいの軽装の男の子がひとりで勢いよく駆け登ってきます。お母さんたちは後から追いかけて来るのだそうです。更に15分ほど下ると、「男の子を見かけませんでしたか」と声をかけてきた母親とその姉妹?と出くわし立ち話。<ヤクシマシャクナゲ>の咲く毎年この時期、家族で「宮之浦岳」登山をなさるそうです。今年の<ヤクシマシャクナゲ>の開花状況は、ローカルTVが取り上げられるくらいの当たり年なのだそうです。周囲を見渡せば、深紅の蕾がピンク色に開花しやがて淡いピンク、白へと変化する<ヤクシマシャクナゲ>が今が盛りと全山を彩っています。


手前:開花したばかりのヤクシマシャクナゲ(その先で雲が湧いてきました)

この千載一遇を前にして形容し難い幸福感に包まれました。

屋久島3泊4日の旅(後篇その1)|10年ぶりのヤクシマシャクナゲ当たり年に宮之浦岳登頂

連日の3時過ぎ起床。ぐっすり眠っている同室のふたりが起きないよう静かに布団を抜け出して、素早く身支度を整えました。屋久島遠征のハイライトは、この日(3日目)の九州最高峰・宮之浦岳アタックです。ホテルフロントで2食分のお弁当を受け取って、駐車場で装備点検したところ、てっきりトランクに置きっ放しにしていたと思い込んでいたトレックキングポールが見当たりません。5階の客室まで戻ると、ポールは框の隅に立てかけてありました。ホテルから淀川(よどごう)登山口までクルマで約1時間。前夜、入念に登山ルートを確認し、装備点検もしたつもりでしたが、思わぬ勘違いから予定より10分余り出発が遅れてしまいました。こんな些細なことで、存外、気持ちのゆとりが削がれてしまうものです。安全登山の第一歩は時間のゆとりを以て臨むこと、肝に銘ずべしです。

夜明け前、真っ暗闇のランド線をひたすら進みます。街灯はなく線形誘導標の類いもありません。先行車がいてくれたら気持ちにゆとりも生まれたのでしょうが、半時ほど、心細いハイビーム走行が続きました。前日のような雨が降っていたら、ずっと徐行運転が続いたことでしょう。やがてマイクロバスが後方から結構な勢いで迫ってきました。ヤクスギランドで路肩にクルマを寄せて先を譲ると、あっという間に抜き去っていきました。ツアー客を乗せたバスだったようです。夜明けとほぼ同時刻の5時20分に淀川登山口に到着すると、5台前後しかない狭い駐車場はすでに満車状態、先行したマイクロバスが手前の駐車スペースを占拠しています。やむなく後退して、百メートルばかり下った道路脇へ。先着2組のドライバーが親切にスペースを空けてくれたお蔭で、何とか写真・上のようにクルマ(3台の真ん中)を滑り込ませることが出来ました。聞けば、東京と千葉からやって来たパーティでした。出発前のホテルでは少々もたつきましたが、譲り合いの精神に救われて、宮之浦岳の日帰り登山は幸先のいいスタートが切れました。

登り始めてしばらくすると、駐車スペースを空けてくれた1組に追いつきました。驚いたことに先頭のひとりが素足で歩いています。素足で大地と繋がりながら歩くととても心地いいそうです。最近、注目されている「アーシング(earthing)」です。スマホなど電子機器を手放せなくなった現代社会において、私たちの身体は気づかないうちに電磁波で帯電しているそうです。「アーシング」には、こうした電磁波を身体から大地に逃がし、代わりに大地から自然のエネルギーを受け取るという効用があります。デトックス効果でしょうか。続きは続篇へ。

久しぶりのテレビGI観戦|1番人気ロマンチックウォリア―が安田記念を制す

前週の日本ダービーは、ベテラン横山典弘が騎乗した9番人気のダノンデサイルが優勝。日本ダービー3勝目を飾った56歳の横山騎手は、武豊が持っていた同レースと中央競馬GIの最年長勝利記録を更新する偉業を達成しました。本命ジャスティミランを軸に買った馬券は悉く外れ、好調だった今年のGI前半戦の貯金が底を尽きかけようとしています。

新緑の5月週末は外出することが多かったので、春の最強マイラー決定戦「安田記念」(東京競馬場)は久しぶりのテレビGI観戦となりました。1番人気のロマンチックウォリア―は、香港からやって来た外国馬にして6歳騙馬(センバ)です。香港には競走馬の生産拠点がないため、すべて輸入馬となり、日本に遠征して来る香港馬は去勢された馬すなわちセンバなのです。

過去の戦績を見るかぎり、ロマンチックウォリア―の実績は申し分ありません。一方、国外移動に伴う馬のストレス、香港競馬場とは真逆の左回りとなる安田記念、雨天の影響などのマイナス要素を加味したとしても、ロマンチックウォリア―の優位は揺るがないと判断。1番人気のロマンチックウォリア―を単勝買いし 軸馬に昨年のマイルチャンピオンシップの覇者・ナミュール(4番人気)を据えました。


(提供:中日新聞

結果は読みどおりで、ロマンチックウォリア―(馬番7)が1着(通算成績は20戦15勝!)、ナミュール(馬番5)とソウルラッシュ(馬番10)が続きました。マクドナルド騎手のしてやったり顔に思わず笑みがこぼれました。

払戻しはワイド5-7が予想外の高配当12.6倍をつけ、宝塚記念を残すだけとなったGI前半戦は通算プラスで折り返せそうです。このところ苦戦続きの長男も1点買いのワイド5-7を的中させ、通算プラス圏に浮上したようです。