「鈴木藏の志野」展と松尾芭蕉の「不易流行」

展覧会の会場となる菊池寛実記念智美術館は、現代陶芸を中心に優れた造形作品を展示する私設美術館です。都心にありながら、喧騒から一線を画した静謐な空間で定期的に上質な展覧会を開催しています。2年前の「野蛮と洗練 加守田章二の陶芸」展以来の訪問になります。松涛美術館のように建物全体がアートなので、訪れるときはいつも気持ちが昂ります。

鈴木藏(おさむ)(1934~)は、現代志野の第一人者にして人間国宝です。志野焼の歴史は安土桃山時代に遡ります。おおらかで柔らかい素地(百草土)に長石の白釉を合わせると温かみのある白が生まれ、釉の薄い部分に鮮やかな緋色が際立ちます。古志野の陶片を岐阜県可児市で発見した荒川豊蔵は、従来の瀬戸説を覆し、本格的に志野・瀬戸黒・黄瀬戸の再現に取り組みます。江戸期に途絶えた志野を、荒川豊蔵が試行錯誤を繰り返しながら現代に甦らせたわけです。写真(下)は、わずか2点しかない純国産国宝茶碗(曜変天目三椀のように中国や朝鮮から伝来したものがほかに6点、国宝に指定されています)のひとつ、志野焼銘「卯花墻」(三井記念美術館蔵)です。

鈴木藏は、志野の系譜を継ぐ一方で、伝統的な穴窯や登窯に頼らず独自の改良を加えたガス窯による焼成を手掛け、今も窯や焼成方法について創意工夫を重ねているそうです。出品された近作茶碗のなかには、伝統的な形状の茶碗のほかに、半筒型やタタラで背を高くした深筒型が独特の存在感を放っていました。口縁のつくりも自在に操り、進取の気風を感じさせます。なかでも、深みのある緋色と白のコントラストが鮮烈な志野茶碗(図録No24)に惹かれました。

展覧会のサブタイトルは、松尾芭蕉の「笈の小文」の一節<造化(ぞうか)にしたがひて、四時(しじ)を友とす>。意訳すれば、自然のままに従って、四季の移ろいを友とするということでしょうか。芭蕉の弟子、向井去来はその蕉風俳諧論『去来抄』のなかで、<不易を知らざれば基立ちがたく、流行を知らざれば風新ならず>と書き記しています。時が経とうとも変わらない本質を見極めつつ、日々刻々移りゆくもの、変えていかねばならないものを採り入れる、芭蕉俳諧の「不易流行」は鈴木藏の作陶スタイルにぴたりと重なります。

作品世界と気脈を通じる書3点(須田剋太西田幾多郎熊谷守一)を選んだ主催者の研ぎ澄まされた審美眼も讃えておきたいと思います。会期は2021年3月21日(日)まで。

居心地もサービスも極上のスターバックス リザーブ®ロースタリー東京@目黒区青葉台

週末、2年前目黒区青葉台にオープンしたスターバックス リザーブ®ロースタリー東京を訪れました。この施設は、開業直後、整理券配布に最大6時間待ちだったというスタバの大規模旗艦店で世界にたった6ヶ所しかありません。ロースタリー(Roastery)とはコーヒー豆の焙煎所のことですから、旗艦店は厳選高級コーヒーの生豆を焙煎する工房でもあるのです。貫禄のデビューを飾った4階建ての旗艦店には、コーヒーだけではなくティー(TEAVANA)やアルコール類(ARRIVIAMO BAR)を提供する専門フロアが設けられています。

コロナ禍で入場制限をしているせいもあって、15時30過ぎに整理券を受け取ると<75分待ち>でした。待ち時間が近づくと登録したメルアドに連絡が入るので、安心して付近を散策できます。この日、旗艦店から徒歩圏の西郷山で河津桜を見たり代官山蔦屋書店に立ち寄ったりしていたら、あっという間に呼び出しがありました。待ち時間は思ったより短い1時間でした。

まず眺望の良さそうな3階に席を確保してから1階に戻り、サイフォン仕立てのコロンビアサンロケ(850円+税)と苺のタルト「クロスタータ フラーゴラ」(780円+税)を注文しました。注文前に多少並ぶことになりますが、その間、店員が提示するQRコードスマホで読み取ってメニューにアクセス、あらかじめ品定めをしておきます。抽出に少し時間が掛かるので、呼び出しチャイムを携え席に戻って待機です。ほどなく、注文の品が出来上がります。

提供される厳選コーヒーのクオリティについては最近当ブログで言及したことがあるので、今回は木の庇をせり上げるスタイリッシュな建物(外観設計:隈研吾)だけではなく、細部にこだわった内装についてご紹介しようと思います。

入店して圧倒されるのは天井までそそり立つ巨大なカッパーキャスクです。外部の銅製パネルはすべて手打ちだそうです。キャスクの周りには2100枚の桜の花びらがあしらわれ、目黒川の桜へのオマージュになっています。最上階から階段で下っていくと、白磁ティーカップが所狭しと貼りつけられた<ティーカップウォール>が現れます。別の壁面には世界中のコーヒーラベルが隙間なくディスプレイされています。折角ロースタリーを訪れたら、一箇所に留まらないで、隈なく歩いてみることです。天井を見上げれば、折り紙のような形状であることに気づかされます。

開放感溢れる空間全体がサプライズの連続なのです。まだ小寒いこの季節ですから、屋内でコーヒーを愉しみましたが、春本番ともなれば、北側にせり出した温かみのあるテラス席(杉材の合板)をめざすべきです。そこから眺める目黒川の桜並木は想像を絶する極上の光景に違いありません。

コーヒー豆を意匠にしたエントランスの把手を握って戸外に出れば、ロースタリーが夜の帳に浮かび上がって見えます。スタッフの接客も満足いくものでした。スターバックス リザーブ®ロースタリー東京は、コーヒー片手に贅沢な時間を過ごしたい珈琲通には堪えられないスポットなのです。

P.S. 充実したグッズ売り場で購入した<ハンドルグラスマップ>にコーヒーを注ぐと、写真(下)のようにエッチングされたマップが浮かび上がります。

「写真家ドアノー/音楽/パリ」展@Bunkamuraザ・ミュージアム

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中(~2021/3/31)の「写真家ドアノー/音楽/パリ」展を訪れました。会場入口で愛機ローライフレックス(末尾注)を構えたロベール・ドアノーと対面です。パネルの右側にこう書かれています。

<パリは、時間の浪費がチケット代わりになる劇場だ>ロベール・ドアノー

言い得て妙な形容です。本当にパリはそぞろ歩きするだけで劇場空間にいるような興奮や感動が味わえる街だと思います。展覧会のテーマはズバリ音楽。シャンソンからフレンチポップス、戦後占領から解放されるとパリの街にはアメリカからジャズがもたらされ、様々な音楽が横溢します。パリほど音楽が似合う街はありません。会場入口辺りに佇んで耳を澄ますと、イヴ・モンタンの「枯葉」や昨年9月に93歳の生涯を閉じたジュリエット・グレコの「パリの空の下」が聞こえてきます。

パリの街角の息遣いを感じるには、ステージのミュージシャンを撮った写真よりも、断然、市井の人々が集うスポットを捉えたワンショットです。とびきりの一枚は、肉屋の店内で流しのアコーディオン弾きの演奏を聴く店員を捉えた「音楽好きの肉屋」。さりげない瞬間を切り取った写真が印象に残るのは、<その後の物語を紡ぐような写真を撮りたい>というドアノーの狙いが見事に奏功してるからです。やがて、<記録は熟成>していくのでしょう。

一番印象に残った写真は<サン=ジェルマン=デ=プレのジュリエット・グレコ>。デビュー前のグレコが伏し目がちに犬の「ビデ」を見つめる姿を捉えたこの写真からは、すでに歌姫のオーラが漂っています。<ポン・ド・クリメのジャック・プレヴェール>は、映画「天井桟敷」の脚本家にしてシャンソンの名曲「枯葉」の作詞者でもあるプレヴェールが煙草を咥えて階段を上る普段着の姿を捉えたもの。ロベール・ジロー同様、プレヴェールは、ドアノーの親友だけに、そのひととなりが手に取るように伝わってくるポートレートに仕上がっています。

少し残念だったのは、先に紹介したドアノーの珠玉のメッセージがパネル上部に配置されてしまったため、視認性に乏しかったこと。そして、購入するはずの図録がB6判で折角の写真が小さすぎて見にくかったこと。手元にある何必館京都現代美術館のドアノー展図録(2001年)を見習って欲しいものです。

図録は結局見送り、先のグレコとプレヴェールを撮った2枚と共に、アルタイユにある<エリック・サティの家>という写真のポストカードを購入しました。展覧会に先立って、ドゥ マゴ パリでランチを頂きました。会期中、個室が「ドアノールーム」に模様替えされ、ランチ、アフタヌーンティー、ディナーが1日各1組にかぎり、利用可能だそうです。

ローライフレックス:1928年にドイツのフランヶ&ハイデッケが製造した二眼レフカメラROLLEIFLEXをドアノーは1932年にローライフレックススタンダードを購入しています。

「富士山の日」に【雪頭ヶ岳~鬼ヶ岳周回コース登山】~駐車場から登山口までが不案内でした~

さて、2月23日は何の日でしょうか?「富士山の日」と即答できた方は、山好きに違いありません。似たような語呂合わせから、「ふろしきの日」(つつみ)、また「税理士の日」(税理士法制定日)でもあります。2020年から11日の建国記念日に23日の天皇誕生日が加わり、2月は祝日が2日に増えた恰好ですが、行楽シーズンではないだけにいま一つ盛り上がりに欠ける気がしてなりません。この日、61歳を迎えた今上天皇日本山岳会会員(名誉会員ではなく正会員!)にして登山歴50年以上のベテラン、日本百名山も半分以上踏破しているそうです。誕生日が「富士山の日」とは、陛下と山との運命的な絆を感じてしまいます。

先週末の高尾山~陣馬山縦走に続き、23日(祝)も調子に乗って、早朝起床して雪頭ヶ岳(せっとうがたけ・1710m)をめざしました。視界の冴えわたる冬季に富士山と西湖をセットで眺望しようという目論見です。7時30分過ぎには西湖根場浜(さいこねんばはま)駐車場に到着、ところが見当違いな方角(周回下山口)へ進んだために、登山口にたどりつくまで約30分もたついてしまいました。雪頭ヶ岳はガイドブックに詳しく掲載されている山ではないので、コース情報は専らネット頼り。駐車場から登山口までのルートを念入りに確認しておくべきでした。写真(下山後の撮影)のように、駐車場から登山口へ向かう標識には「雪頭ヶ岳」と表示されていませんが、「十二ヶ岳」の方向へ数分ほど進み、比較的新しい戸建て住宅前の標識に従って、右手の道をまっすぐ進むと登山口へとたどりつけます。めざす雪頭ヶ岳は麓からはこう見えます(写真2枚目)。

登山口から樹林帯を抜けるまで約1時間、ようやく木立の間から富士山が見えるようになります。眺望が拓けてくると、俄然、元気が出ます。ただ、先週末とは一転、気温は10度近く下がり西から風が時折り強く吹いたため、ライトダウンジャケットはずっと着用したままでした。

1時間半ほどで山頂にたどりつけば、そこにはソロの女性とクッカーで調理中の3人組がいるだけ。緩やかな山頂斜面をほぼ独り占めして、真正面に聳える富士山と風を受けて太陽光を乱反射する湖面を見入ること暫し、至福のひとときでした。左手には河口湖、右手に視線を移せば精進湖本栖湖が視界に入ります。写真撮影と早めのランチを済ませると、お隣の鬼ヶ岳(1738m)へ向かいました。途中、凍結した路面も数箇所ありましたが、持参したチェーンスパイクを装着するほどではありませんでした。梯子を上った先の鬼ヶ岳の山頂スペースはかなり狭いので、居合わせた女性と入れ替わるように「鬼の角」に近づきカメラに収めると、すぐに下山を開始。ロープ備えつけの急坂が何箇所かあるので慎重に進みます。

雪頭ヶ岳山頂と共に印象的だったのは「南アルプスビューポイント」とでも称すべき巨岩のあるスポット(右上の写真)。天気さえ良ければ、此処に立つと、西の方角に南アルプス白峰三山、尖った甲斐駒ケ岳、北北西に八ヶ岳を捉えることができます。ハイシーズンは行列ができるかも知れませんが、冬季は狙い目です。

標識のある鍵掛峠で王岳ではなく根場民宿村の方向へ向かいます。ここまで来れば淡々と勾配のやさしい下山路を進むだけですが、ブナの落ち葉が10センチ以上積もった箇所もあるのでスリップには要注意です。藁葺き屋根の古民家が立ち並ぶ「西湖いやしの里根場」で周回コースは終了です。下界に降り立てばまるで春のような陽気、2月最終週とは到底思えない登山日和に心から感謝したのでした。

【2021年版】高尾山~陣馬山縦走でゲット可能なYAMASTAチェックポイント一覧

YAMASTAをご存じない方のために、先ずその概略をご説明しておきます(以下、2018年1月の株式会社インプレスHLDGSのプレスリリースより)。

インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区代表取締役社長:川崎深雪)が提供する山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」は、2018年1月15日~6月30日の間、京王電鉄(株)とコラボした「南高尾 周遊 KEIO×YAMASTAスタンプラリー」と「表高尾 満喫 KEIO×YAMASTAスタンプラリー」を実施いたします。

「ヤマスタ」は、対象の山に登り、山頂や山小屋などの指定された場所でスマホGPS機能を利用しチェックインすることで、デジタルスタンプを集めることができるスタンプラリーアプリです。 現在、スタンプラリーは24コースあり、参加ユーザー数はすでに3万を超え、多くの登山者やハイカーにご利用をいただいております。「高尾山」は、世界で一番登山者が多い山といわれており、一般観光としても大変人気があります。京王電鉄(株)と「ヤマスタ」がコラボすることで、高尾山へ出かけるきっかけと、新しい楽しみを提供いたします。

要約すれば、JR東日本ポケモンスタンプラリーならぬ、京王電鉄協賛山のスタンプラリーということです。前回ご紹介した奥高尾縦走(京王高尾線高尾山口駅→高尾山→陣馬山)でゲットしたYAMASTA(ヤマスタ)をご紹介しながら、チェックポイント13ヵ所を時系列で整理しておきます。途中、写真撮影に熱中するあまり、<もみじ台>でチェックインを失念し<一丁平>から引き返したことがありました。ピストンではないので、帰りにチェックインできません。ヤマスタ目当ての方は、くれぐれも各ポイントでチェックインをお忘れなきように。なお、一部スタンプが重複しますが、南高尾周遊コースに数カ所チェックポイントが設けられているようです。

チェックポイント1  京王高尾山温泉/極楽湯

チェックポイント2  TAKAO 599 MUSEUM

チェックポイント3  かすみ台

チェックポイント4  展望台(キッチンむささび)

チェックポイント5  たこ杉

チェックポイント6  薬王院山門

チェックポイント7  高尾山

チェックポイント8  もみじ台

チェックポイント9  一丁平

チェックポイント10  小仏城山

チェックポイント11  小仏峠

チェックポインㇳ12  景信山

チエックポイント13  陣馬山

2021年2月下旬の奥高尾縦走(高尾山~陣馬山)~冬だからこそ美しい富士山~

寒さが一気に緩むどころか、日曜日(2月21日)の今日は春本番を通り越して汗ばむ初夏のような陽気でした。お隣さんのお庭の紅白梅は一気に開花し、玉川上水縁を散策する人のなかには半袖姿もちらほら。東京の最高気温は21度だったそうです。

数日前、天気予報でこの週末は気温が急上昇すると知り、急遽、高尾山山頂から陣馬山まで奥高尾を縦走することにしました。休日、ジムでトレーニングするのに比べたら、俄然、モチベーションが上がります。最寄駅から中央線特快に乗れば、京王高尾線高尾山口駅にまで30分あまり、東京近郊にミシュラン三ツ星のこんな素晴らしいフィールドがあることに改めて感謝です。今回の縦走は、夏場の本格的登山に向けたトレーニングの一環という位置づけです。

夜明け前、外気温は1℃だったので、ダウンは羽織って出掛けました。高尾山登山口駅から山頂(599m)まで1号路経由で約1時間(ケーブルカーは8:00始発になります)、8:30には山頂に到着。iPhoneと一眼レフを併用しながら、美しい富士山の眺めを存分に撮影しました。iPhone 11 proの背面カメラ(望遠)は52mm相当(1200万画素・F2.0)、一眼レフ顔負けの仕上がりをご覧下さい。

高尾山山頂から陣馬山までコースタイムは約5時間、途中、随所に富士山ビューポイントがあります。富士山を一望できる一丁平展望台は開けた展望台なので、小休止に最適です。そして、小仏峠の手前の<相模湖+富士山ビューポイント>は見逃せません。さほどスペースは広くはありませんが、相模湖とセットの眺めは唯一ここだけです。

11時過ぎに景信山(かげのぶやま・727m)に到着。ランチは、景信茶屋青木で名物なめこ蕎麦(他になめこ汁やうどん)と味噌でんがくを注文、普段なら<おにぎり>持参のところ、茶店のお蔭で温かい食事にありつける処が、奥高尾縦走の嬉しい副産物なのです。もうひとつの名物山菜天婦羅は、お腹一杯で次回へお預けとしました。景信山山頂にはベンチが数多く設置され、ランチにはうってつけです。また、山頂スペースは広々として眺望も抜群です。折しも、アニメ『鬼滅の刃』大ヒットで時透無一郎出身地の景信山が注目を浴びているそうです。都最高峰にして竈戸炭治郎の出身地雲取山と共に、景信山も『鬼滅の刃』の聖地巡礼の対象になっているに違いありません。

景信山から陣馬山までは、唐沢峠・明王峠を経て、約2時間の長丁場。登山道は整備されていますので快適に歩を進められます。標識が充実しているので、巻き道を利用してCTを短縮することも出来そうです。ただ、日の当たらない箇所は随所でぬかるみになっています。登山靴に泥が付着して滑りやすいので要注意です。トレイルランナーを数多く見かけましたが、足元を掬われたのではないでしょうか。

最終目的地陣馬山(857m)にはCTより30分ほど早く到着。陣馬山からは富士山がかなり近くに感じられます。快晴無風の山頂360度パノラマは圧巻で雲取山(2017m)や甲武信ヶ岳(2475m)がはっきり確認できます。左手に時折姿を見せる富士山の遠景と整備された登山道のお蔭で、のんびりと縦走を愉しむことができました。持参したミネラルウォーター3本(500mlX3)は2本で足りました。真夏の登山より冬場の方が発汗が抑えられるので、体力の消耗が断然少なくて済みます。風さえ穏やかであれば、奥高尾縦走はトレーニングにうってつけだと感じました。

下山は陣馬高原下バス停まで小一時間。京王高尾線めじろ台駅から来たという男性と話が弾み、カメラや山行談議で盛り上がりました。ヤマザクラの季節はもうすぐ、次回は陣馬高原下からスタート、逆コースで縦走をしようと目論んでいます。

本場ローマ風カルボナーラの極意~栗原はるみさんのレシピを試す~

タンパク質や食物繊維など身体にいい栄養価が含まれるパスタは、男性でも手軽に作れて種類も豊富、パスタソースや具材を工夫すれば相当数のレシピが楽しめます。リモートワークのランチにパスタはうってつけだと思います。我が家の食卓によく登場するのが、ニンニクと唐辛子の効いたシンプルなペペロンチーノやたらこパスタでしょうか。

数あるパスタ料理のなかで一番好きなメニューを問われれば、文句なしにカルボナーラと答えます。その昔、大手町ファーストスクエアB1Fにあったトラットリア ラ・ベルデへ看板メニュー「厚切りベーコンのカルボナーラ」をよく食べに行ったものです。このカルボナーラのために特注されるという肉厚ベーコンのインパクトは絶大でした。乳脂肪分高めの生クリームが使われているせいか、パスタと肉厚ベーコンがよく馴染んで、ボリュームたっぷりな割りに食が進みました。

日本では、ラ・ベルデのように卵が凝固するのを防ぐために生クリームを使うレシピが一般的なようです。ところが、本場ローマのカルボナーラのレシピは、材料からして日本風カルボナーラとずいぶん異なります。主な相違点は次のとおりです。

・ベーコンは使いません
 →ベストな肉はグアンチャーレ=頬や首の肉(又はパンチェッタ=豚バラ肉)
・チーズはハードタイプのペコリーノ・ロマーノ(又はパルミジャーノ・レッジャーノで代用)
・生クリームは使いません→卵黄だけを使います

カルボナーラくらい美味しく作ろうと思い、以前、料理研究家栗原はるみさんのカルボナーラレシピを掲載したNHKテキスト「きょうの料理」(2018年7月号)を買ってありました。栗原レシピはまさに本場ローマ風、たまたま近所の成城石井のセールでパンチェッタとペコリーノ・ロマーノ(羊の乳父が原料です)が入手できたので、今日のランチは写真のようなカルボナーラとなりました。人数分のボールを用意しておいて、すりおろしたペコリーノチーズと卵黄を手際よく混ぜておくことがポイントです。卵黄がダマダマになりますが、熱々のパンチェッタの脂を加えればパスタ(太めの1,9mm←好みでもう少し細くてもいいかも)と上手く馴染みます。

材料費が高くつくのが玉にきずですが、パスタ一皿がまぎれもないご馳走なのです。家内作り置きのフレッシュトマトジュースと本場ローマ風のカルボナーラの相性も抜群でした。

成城石井の参考価格情報)
●ペコリーノ・ロマーノ(100g 税込336円)
●パンチェッタブロック(100g 税込517円)

NHKテキストきょうの料理 2018年 07 月号 [雑誌]

NHKテキストきょうの料理 2018年 07 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2018/06/21
  • メディア: 雑誌