AdBlockの解除のご協力ありがとうございます!

1月17日は<マーティン・ルーサー・キング・デー>|4月15日は<ジャッキー・ロビンソン・デー>

1月17日の米国市場は休場でした。2022年のサマータイムが始まる3月13日まで、米国東部なら日本時間との時差はJST-14です。米国の数ある祝祭日において、人名を冠したものは1月17日の<マーティン・ルーサー・キング・デー>と10月10日の<コロンブス・デー>だけです。ちなみにキング牧師の誕生日に近い1月の第3月曜日が祝日とされています。日本時間18日未明まで、NYダウや米国債10年利回りのリアルタイム表示が停止したままだったので、ようやく17日の米国市場休場に気づいたというわけです。4月の聖金曜日、聖土曜日、復活祭のような移動祝祭日に至っては、いまだにうろ覚えでいけません。

2020年5月25日、米中西部ミネソタ州ミネアポリスで黒人男性ジョージ・フロイドさん(当時46歳)が、白人警官の暴行を受け死亡したことをきっかけに、「ブラック・ライブズ・マター(BLM=黒人の命は大事だ)」運動が瞬く間に世界中に拡がりました。同年9月、テニスの全米オープン大坂なおみ選手が1回戦から決勝戦まで、過去に警察などの暴力の犠牲になったアフリカ系アメリカ人の名前を刻んだ「BLM」マスクを着用して試合に臨んだので、「BLM」運動は概して人種差別に鈍感な日本人の間でも注目を集めました。大坂なおみの企業スポンサーのひとつ日清食品は、この抗議パフォーマンスに対して対応を誤りSNSが炎上、もう一方のスポンサー・ナイキは正面から抗議活動を支持して絶賛されるという明暗の岐れるオマケ付きでした。日清食品の過ちは、大坂選手の姿勢に一切言及しなかったことです。「沈黙は金ならず」だったのです。

急速に拡大した「BLM」運動の規模は、キング牧師Martin Luther King, Jr.)が主導した1960年代の公民権運動以来だそうです。人種差別撤廃までの道程は長く険しいものでした。21世紀を生きる私たちが記銘すべきは、「私には夢がある(I Have a Dream)」で有名なキング牧師の演説(1963年8月28日)が行われてから半世紀余りしか経っていないことです。キング牧師の主導した運動が徹底した「非暴力主義」に基づいていたことも忘れてはなりません。翌年、「1964年公民権法」が米国連邦議会を通過します。不幸にも、その4年後の1968年、キング牧師テネシー州メンフィスで凶弾に倒れ39歳で亡くなります。

American Center Japanには米国国務省出版物が掲載されていて、Martin Luther King's "I Have a Dream" Speechの原文と邦訳を閲覧することができます。キング牧師は演説のなかで、<今日米国が、黒人の市民に関する限り、この約束手形を不渡りにしていることは明らかである。米国はこの神聖な義務を果たす代わりに、黒人に対して不良小切手を渡した。その小切手は「残高不足」の印をつけられて戻ってきた。>と激しく抗議しています。この約束手形とは、合衆国憲法や独立宣言に記された崇高な言葉、即ち、すべての人々は、白人と同じく黒人も、生命、自由、そして幸福 の追求という不可侵の権利を保証される、という内容のことです。

キング牧師の願い虚しく、人種差別は21世紀を迎えても根絶されておらず、皮肉なことに「BLM」運動が世界中の耳目を集める結果となりました。毎年4月15日、ベースボールの聖地米国では、米球界全体で永久欠番とされる背番号42番のユニフォームを大リーガー全員が着用して、プレイに臨むスタイルが定着しています。背番号42番が永久欠番とされたのは、1947年にブルックリン・ドジャーズでメジャーデビューを果たしたジャッキー・ロビンソンの背番号に因んでいます。彼はアフリカ系アメリカ人で、MLB初の新人王に選ばれ、10年のキャリアのなかで首位打者盗塁王、リーグMVPなど主要タイトルを獲得するだけではなく、引退後も、黒人の地位向上に積極的に取り組みました。デビュー当時はチームメイトが共にプレイすることを拒んだり、対戦相手がドジャースを忌避する動きもあったのだそうです。<マーティン・ルーサー・キング・デー>や<ジャッキー・ロビンソン・デー>というリマインダーがありながら、米国では建国以来、人種差別が収まりません。日本人の差別意識は無自覚なだけに罪作りかも知れません。いまだに、<ガイジン>が不適切な言葉(場合によっては差別用語)だと認識していない日本人が数多く存在しています。1月17日とジャッキーがデビューした4月15日くらいは、差別意識の自覚に乏しい日本人こそ人種差別への思いを新たにすべきではないでしょうか。

論語と恩師~<見義不為 無勇也>~

先週、同級生を通じて中学時代の恩師U先生が去る1月6日に他界されたことを知りました。卒業以来、毎年欠かさず頂戴していた年賀状が届かないので、もしや体調を崩されたのではと心配していた矢先のことでした。通っていたのは1学年4クラス編成の某国立大学教育学部附属中学校(以下、<附属中学校>)。U先生は学年主任で中学2年次・3年次の担任だったので、学校生活全般で大変お世話になりました。<附属中学校>は、教育の研究を目的として設置されているので、教科書本位の授業と一線を画した実践的かつ刺戟的な授業が行われます。教育学部教職課程に在籍する教育実習生(教生)が派遣され、彼らが授業を行うこともあります。

U先生の担当教科は英語。当時の<附属中学校>には全国的に見ても珍しいラボ教室があって、U先生に向かってグループ毎にブース(5~6名)が配置されていました。全員ヘッドセットを着用して、先生から英語で質問されて答えたり、ブースの仲間同士で似たようなQ&Aを繰り返します。例えば、こんな按配です。

”What does your father do ?”(お父さんのお仕事は何ですか?)

”He is a local government officer” (父は地方公務員です)

中学生ですから日本語NGというわけにはいきませんが、ラボでの会話は、原則英語でした。英語科教員はイラストが上手な生徒を使って様々な4コマ漫画(イラスト)を作成します。八百屋で買い物をする場面、街角で道を尋ねられる場面等々、吹き出しには場面に応じた質問や答えが英語で挿入されていきます。こうしたユニークな教育のお蔭で、生徒たちは公立中学校では絶対に学べない英単語をしこたま仕入れることになりました。八百屋なら、”eggplant(ナス)”、"green pepper (ピーマン)"・・・今から思えば、文法やスペルを云々する前に先ず音から入る授業は大変先進的だったのです。海外派遣経験のあるU先生の流暢な英語を浴びて、生徒たちは着実にスキルアップを遂げたのです。

<附属中学校>の真価は、ホームルームや授業の合間に教師が放つ言葉にありました。警句や箴言の類も多かったように思います。なかでも特に印象に残っているのは、ホームルームの最中にU先生から叩き込まれた次の言葉です。

<義を見て為さざるは、勇無き也>(『論語(為政2-24)』)

真意を汲みとれるようになったのはそれからずいぶん後のことでした。2015年ラグビーW杯南ア大会において、優勝候補の一角南アフリカに勝利し世紀の番狂わせを導いた元日本代表監督エディー・ジョーンズ氏が日本代表選手に自己犠牲の精神を説いたときに掲げた言葉でもあります。十数年前、灘高校の国語教諭が著した『高校生が感動した「論語」』(佐久協・祥伝社刊)を読んだとき、さすが最難関高校の国語の授業は桁違いだと唸ったものです。日本人は『論語』というたった一冊の書物を通じて、人とのつきあい方や正しい生き方を知らず識らずのうちに学んできたのだと著者は言います。社会人となって世の中に揉まれ苦しむとき真に役立つ書物は『論語』、そう考えるとU先生は『論語』の中から珠玉の教えを選んで説いてくれていたのです。<人として行うべきことを分かっていながら、それをしないのは臆病者>だと。「義」を拠り所に自分に与えられた役割を果たすこと、それが大切なのだと繰り返し教わっていたわけです。

U先生が亡くなった数日後、そうとは知らず、近所の書店で何気なく購入したのは『完訳論語』(井波律子訳・岩波書店)。しばらく遠ざかっていた『論語』を読み返そうと思ったのは、U先生のお導きとしか思えません。

シネマレビュー:『スパイの妻〈劇場版〉』(2020年公開)|ストーリーは粗が目立つ

一昨年、黒沢清監督が第77回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)を受賞して話題になった『スパイの妻〈劇場版〉』がWOWOWで放映されたので、早速視聴しました。このところ業績がぱっとしないWOWOWではありますが、興行収入上位の話題作(特に洋画)をいち早く放映してくれるので、月間プログラムガイドを参考に話題作は見逃さないようにしています。

本作の舞台は神戸、太平洋戦争が始まる1年前の1940年からスタートします。主人公聡子(蒼井優)は、神戸で貿易商を営む福原優作(高橋一生)の妻で何不自由ない生活を送っています。序盤、そんな幸せな日常にひたひたと忍び寄る戦争の気配が巧みに描かれます。優作の友人にして英国人生糸商ドラモンドが憲兵らに連行されるシーンに始まり、聡子の幼馴染み泰司(東出昌大)が神戸憲兵分隊長として赴任の挨拶に優作を訪れるあたりで見る者はただならぬ空気を察知します。何気ない日常に忍び込もうとする異質な時代の空気感はやがて不快極まるものへと変容していきます。軍服がもたらす威圧感はその象徴です。

商用で満州に渡った優作は、731部隊(通称:石井部隊)が極秘裏に実施していた生体実験の惨状を目撃することになります。コスモポリタンを自認する優作は滞在期間を延長して証拠収集に努め、看護師だったという女性弘子を伴って帰国します。帰国した優作と甥文雄は一見して様子が異なり、聡子は夫の不貞を怪しみつつ詰問しますが、なかなか真相にたどりつけません。旅館に滞在中の文雄から預かった生体実験ノートを盗み見して、ようやく夫が殉じようとする大義を理解します。

優作は、国際政治の場で関東軍の非人道的行為を告発すべく文雄にノートの英訳を命じていたのです。聡子はあろうことかそのノートを持ち出して憲兵の泰司に密告してしまいます。文雄は逮捕され拷問で生爪を剥がされますが、優作は無関係だと言い張りスパイ容疑をひとりで被ります。憲兵隊に同行を求められた優作は嫌疑不十分で釈放され、聡子と共に米国亡命の準備に取り掛かります。嫌がる聡子を説得して、ふたりは別々に行動することに。聡子は貨物船で、優作は決定的な証拠(映像フィルム)を預けたドラモンドのいる上海経由でサンフランシスコをめざすことになります。ところが、聡子の密航は渡航寸前に憲兵隊の知るところとなり、結局聡子は身柄拘束され、やがて精神異常をきたしたと看做され療養施設に収容されてしまいます。すべて夫優作が仕組んだことでした。聡子は「お見事」と呟いてすべてを悟ります。精神に異常を来したと思われていた聡子は至ってまともで、狂ったふりをしながら療養施設で戦争終結を待っていたのです。インドから商船で渡米する途中、米潜水艦に撃沈され落命したと旧知の野崎医師(笹野高史)から聞かされますが、聡子は夫の生存を信じて戦後まもなく渡米します。

太平洋戦争中、日本軍が行った数々の残虐行為は極東国際軍事裁判で「人道に対する罪(crimes against humanity)」として厳しく糾弾されました。アメリカ軍捕虜に対して生体解剖を行った九州帝大医学部関係者は、横浜軍事法廷で裁かれ5名が絞首刑、立ち会った医師18人全員が有罪になっています。ところが、関東軍防疫給水部本部満州七三一部隊は秘匿名称)が行った生物兵器開発やそのための人体実験は極東国際軍事裁判では一切不問に付されました。関わった軍医の多くは戦後大学医学部や国立研究所に転じたと言われています。4次に亘って米国・細菌戦専門家による731部隊調査も行われていますが、生物戦研究情報入手と引き換えに米国が意図的に資料を明るみにだすのを控えたとも伝えられます。戦後75年の節目に、映画製作を通じて、関東軍満州で行った非人道的残虐行為に再びスポットライトを当てる作業はなかなか勇気のいることです。中国や韓国の反日ムードを煽る一方、右翼や保守派からは歴史的事実の誤認だと批判される可能性すらあるからです。

黒沢清監督の姿は、ある意味、「売国奴」と罵られ憲兵から糾弾された優作や文雄の姿と重なります。終戦直後から軍部の手によって大量の機密文書や証拠類が焼却されているので真相はどこまでいっても藪の中かも知れません。監督自ら語るようにサスペンスや夫婦のメロドラマとして観ることもできるのでしょう。しかし、731部隊の闇を暴くことが作品の背骨である以上、戦時下における一市民の反逆は緻密に構想され丁寧に描写されて然るべきでした。

最大の失策は、優作が関東軍による生体実験の現場を実際に見て国際政治の舞台で告発すると息巻くところ。軍の最高機密に属する生体実験の様子や死体の山を一市民が目撃することなどあろうはずもなく、国際的に告発するというのは著しくリアリティを欠く発言です。無駄にフィルムを使ったと思われる箇所は、満州から連れ帰った看護師弘子の殺人犯が旅館の亭主だった下り。最大の謎はいまだに腑に落ちない聡子の密告(ノートを憲兵に提出)。夫婦役の高橋一生さんと蒼井優さんの好演で救われたものの、脚本に粗が目立ったのが残念でなりません。

気になるコーヒー豆価格の急騰

近くて遠い隣国中国の人口は14億4186万人(2021年版世界保健統計)。中国は今や世界5位のワイン消費国、中国人の所得水準が上がるにつれワイン愛好家が増えるという図式です。近年、コーヒー消費国としても中国が台頭してきたために、風味が豊かで品質が高いとされるスペシャルティコーヒー*の国際価格が急上昇しています。最高級品はこの4年で4倍以上の価格まで急伸しているそうです。コーヒー生産量の6割を占めるといわれるアラビカ種の価格は、グラフが示すように、昨年1月あたりからきれいな右肩上がりになっています。コーヒー相場攪乱の背景には、世界最大の生産国ブラジルの降雨不足や降霜等による天候不順やコロナ禍に伴う海上輸送網の混乱などが挙げられています。

スペシャルルティコーヒーの定義:日本スペシャルティコーヒー協会によれば、生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆であること。そして、適切な輸送と保管により、劣化のない状態で焙煎されて、欠点豆の混入が見られない焙煎豆であること。さらに、適切な抽出がなされ、カップに生産地の特徴的な素晴らしい風味特性が表現されることが求められるのだそうです。

これを受けて、昨年10月、キーコーヒーがコーヒー製品価格を20%前後値上げ、11月にはキャピタルコーヒーもコーヒー焙煎豆・粉・生豆の価格を20%程度引き上げました。キャピタルコーヒーで焙煎豆を購入することが多いので、コーヒー消費量の多い我が家の家計を直撃しています。防衛策として年初にコーヒーの福袋をまとめ買いしたわけですが、中身が同じ福袋の価格は前年対比8%ほどきっちり値上げされていました。

中国人のブランド志向はコーヒーにまで及び、日本勢が「ゲイシャ」をはじめ高級コーヒー豆を狙った価格で落札できない異常事態が続いています。昨年12月初旬、南禅寺参道にブルーボトルコーヒー(はなれ2階は完全予約制)を見つけたので、早速入って、スペシャルティコーヒーを頂きました。築100年以上の京町家をリノベーションした空間で味わうコーヒーは格別でした。こうして、ふと立ち寄った旅先のカフェで贅沢な時間を過ごすためにも、これ以上、コーヒー価格が上昇しないよう願いたいものです。

GAFA帝国の次なる支配戦略~さらなる成長に死角はないのか?~

GAFA>には様々な異名があります。本拠地米国メディアは"Big Four"や”Big Tech(或いは単にTech)”と呼び習わすのが通例です。一説では、仏ルモンド紙が最初に<GAFA>という新語を使ったのだそうです。売上・利用者数が桁違いの規模を誇る<GAFA>は今やなくてはならない社会インフラとして市民生活に浸透し、先進国のみならず発展途上国でも圧倒的な存在感を発揮しています。

1月4日、米アップルの株式時価総額が3兆ドル(円換算345兆円)を超えたとメディアが一斉に報じました。パンデミックの最中にありながら、昨年の同社の株価上昇率は33%、巨大テックのGoogle(+65%)やマイクロソフト(+51%)の株価も絶好調です。

スコット・ギャロウェイNY大学スターン経営大学院教授は、著書『GAFA next stgae』(東洋経済新報社刊)のなかでこれらテック企業の株価急上昇にこう言及しています。

<大方の論評には次のようなただし書きがつく。上がったものは必ず下がる。これらの企業の株価が急上昇しているのには、バブル的要素がある。ブームが去ったとき、上がったときと同じくらいのスピードで落ちる、と。>

<それは違う>

パンデミックは、少数のテック企業が私たちの生活や経済を支配するという流れに拍車をかけた>

巨大テックの死角を求めて本書を購読したのですが、3分の1も読み進まないあたりであっさりと期待は裏切られました。結論は<上がったものは下がらない>でした。これを裏付けるようにアップルの時価総額は著者の予想を遥かに凌ぐスピードで膨張しています。iPhoneシリーズの原価率はかつて20%前後でした。最新のiPhone13 Proとなると原価率は35%あたりまで上昇してきたようですが、驚異的な水準にあることに違いはありません(高額ガジェットですから、店舗1平方フィートあたりの販売額は世界一でしょう)。アップルに貢ぎながら、悔しい哉、未来永劫iPhoneを手放す暮らしに戻ることはできそうにありません。本書に度々登場する言葉のひとつに"ディスラプション=disruption"があります。一義的には「破壊」や「崩壊」を意味しますが、文脈上、既存のものを破壊してしまうくらい革新的なイノベーションという意味合いで用いられています。例えば、インターネットが「ブランド時代」に終焉を告げ「プロダクト時代」の幕開けを高らかに宣言したようにです。高級ホテル・リッツ・カールトンだからといって旅行者が飛びつく時代は終わったのです。
GAFAに続くと思われているディスラプターには、ワン・メディカル(医療)、ペロトン(フィットネス)、ロビンフッド(金融)、ショピファイ(小売)、スポティファイ(音楽)、テスラ(EV)、ウーバー(配車サービス)などが挙げられています。脱炭素化技術をめがけてテスラをはじめとする有望企業に巨額の投資資金が流入し、さながら「緑のGAFA」探しが始まっています。

莫大な収益を稼ぎ出す<GAFA>やマイクロソフトなどの巨大テックは、将来の事業展開にプラスと見れば、一気にそうした新興ディスラプターさえ買収してしまうだけの資本を蓄えており、虎視眈々と獲物に狙いをつけているのです。巨大テック企業は謂わば捕食者("predator")であり、彼らにとってヘルスケアや教育分野は恰好の獲物なのです。著者・ギャロウェイ教授は<子ども大学に行かせてよりよい生活を送らせたい>という中産階級の希望と夢を食い物にしてきた大学は早晩淘汰され、強い大学はより強く弱い大学はより弱くなると予測しています。21世紀の高等教育に対する著者の提言には傾聴すべき点が多いと感じました。

過去10年で米国はイノベーション経済から搾取経済に移行し、経済成長の果実はイノベーターではなく資本家の手元に転がり込むと著書は警鐘を鳴らしています。結果、アメリカンドリームは今や風前の灯となり「新たなカースト制」が誕生しています。次世代に担う子どもたちをビッグテック(電子機器依存症)から守ることも重要だと指摘しています。GAFA帝国の支配に今のところ死角は見当たりません。巨大テックが掌握した私的権力を抑制し個人の権利を拡大することこそ、喫緊の課題だと筆者は協調します。しかし、残念なことに、巨大テックは権力と癒着していますから、彼らにとって都合のいい政府を変革するのは容易ではありません。パンデミックの蔭で着々と支配領域を拡げる巨大テックは不気味でならない存在なのです。

「ティアーズ・イン・ヘヴン」に誘われて観たドラマ『優しい音楽』

ギターの神様エリック・クラプトンの名曲「ティアーズ・イン・ヘヴン」がサブタイトルになったTVドラマ『優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国の君へ』(2022年1月7日・テレビ東京放映)を観て、涙腺が緩んでしまいました。脚本家岡田惠和さんのオリジナル作品かと思いきや、原作者は2019年本屋大賞受賞作『そして、バトンは渡された』で一躍時の人となった瀬尾まいこさんでした。いまだに瀬尾さんの著作を一冊も読んだことはありませんが、俄然、気になる存在になりました。

原作『優しい音楽』が出版されたのは2005年のこと。岡田惠和さんは作品にひと目惚れして爾来脚本を拵えてひそかにドラマ化を切望していたのだそうです。江ノ電極楽寺駅ホームで女子大生・千波(土屋太鳳)が永居タケル(永山絢斗)と出会うところからドラマは始まります。ふたりの会話は噛み合わないまま、小さな造船所の作業員として働くタケルは千波との距離を縮めようと彼女をデートに誘い出します。少しずつふたりが抱える心の傷が明らかになっていきます。クリスマスの日、(サンタの)プレゼントを気に入らない幼いタケルが両親に欲しいモノをおねだりした結果、両親はその買物の帰路、自動車事故に巻き込まれ命を落としてしまいます。一方、千波もバースデーのお祝いをしてくれるはずだった最愛の兄を不慮の事故で喪っています。ふたりは家族の死に深い自責の念を抱き続けながら生きています。千波が自分に急接近してきた真相を知ったタケルはひどく落胆し仕事も手につかなくなりますが、どうしても千波のことを忘れることが出来ません。タケルは、これが最後だと観念して千波とご両親が待つ自宅を訪れ、思いも寄らぬ提案をします。

作品世界に通奏低音として流れるのは「ティアーズ・イン・ヘヴン」。この曲はエリック・クラプトンが不慮の事故死を遂げた最愛の息子コナー君(当時4歳)のために捧げたものです。切々と胸を打つ歌詞が劇中の台詞とシンクロして涙を誘います。「ティアーズ・イン・ヘヴン」にインスパイアされてこんな珠玉の作品世界を紡ぎだしてしまう瀬尾まいこさんの感性に脱帽です。

I must be strong つよくならなきゃ

And carry on 頑張って生きていかなきゃ

'Cause I know I don't belong だって・・・僕は天国に行けるような人間じゃないのだから

Here in Heaven

「手取川 しぼりたて 純米生原酒」 X 鈴木都さんの鼠志野ぐい呑み

地球温暖化の影響からか12月になっても肌寒い日が少なくなりつつあります。冬至を過ぎると吐息が白くなるような日も次第に増えて鍋物が恋しくなります。普段の晩酌なら赤ワイン、夏場はスパークリングワインと相場が決まっているのですが、キムチ鍋やボタン鍋(写真は岡山県新見産の天然イノシシ肉)にはさすがにワインは不向きです。

年末が近づくと近所の酒屋さんに出向いて鍋物に合う日本酒を物色することにしています。一昨年、試飲して気に入ったのが石川県の銘酒「手取川」。手取川は、岐阜県との県境に位置する霊峰白山を源流とする石川県最大の急流河川です。「手取川」の醸造元吉田酒造店は2020年4月に創業150周年を迎えた老舗の造り手です。HPを覗くと、<一滴入魂>「お客様に美味しい酒を飲んで頂くため、 1本の酒にどれだけ思いを込められるか挑戦しています。仲間との楽しい一時や、一歩引いたところで 美味しい料理をより引き立てる酒を提供します」とあります。名水あるところに名酒ありと謂います。霊峰白山の雪解け水からは有機物は殆ど検出されず硬度も高めのため、手取川の伏流水は酒造りに理想的な水というわけです。最近、買い求めたのは「手取川 しぼりたて 純米生原酒」(720ml・1430円)。一気に飲まない場合は、冷蔵庫に立てて収納できる720mlがベターです。シーズン最初に登場する無濾過生原酒ですから、味わいはまさに搾りたてのジュースの如し、馥郁たる香りが鼻腔をくすぐり、口当たりがよくて和食との相性は抜群でした。5℃以下貯蔵が推奨されていますので、冷蔵庫で冷やしてから飲むと最高です。日本酒度は-1.酸度は1.8だそうですが、さほど甘さを感じない点を高く評価します。ワインと比べた場合、日本酒の最大の弱点は甘いこと。辛口で淡麗な味わいの日本酒が鍋物には相性が良さそうです。

昨年10月、贔屓にしている若手陶芸家の鈴木都さんの鼠志野ぐい呑みと注ぎ壺をしぶや黒田陶苑の個展で手に入れました。しばらく戸棚に飾って眺めていたのですが、「手取川 しぼりたて 純米生原酒」を注いで初使いしてみました。銘酒を名酒器で楽しむ、これこそ冬の愉しみではありませんか。