母の日のギフトは<カーネーション>より<カサブランカ>

息子が社会人になって、毎年、母の日に贈り物が届くようになりました。今年もプレゼントが届くと、妻のご機嫌が目に見えて良くなります。夫婦間で諍いが発生しギクシャクしたような場合、母の日やバースデイが近ければ、妻の怒りが鎮まる可能性が高そうです。妻の誕生日が母の日とたまたま同月なので、息子ふたりは散財させられるわけですが、自分も花を贈るようにしています。

普段はお蔵入りしているモリス柄の伊EGIZIA社製花瓶の出番です。去年、妻に好評だったカサブランカの花束を、amazon経由、手配しました。 この時期、ネット上には、カーネーションをはじめ様々な花々のギフトが用意されています。花はカサブランカと決めたとしても、どの程度のボリュームにしたらいいのか、どのショップから買ったらいいのか、選択肢の多すぎるのが悩ましいところです。

遠方より首都圏に近いショップがいいのではと思い、茨城県水戸市のあるショップKにしました。花束は【本数3本以上15輪以上】を選択、すると、指定日に巨大な箱が届きました。梱包を解くと、3本15輪の花束が収まっていました。背丈は1m以上あります。届いたとき開花していたのは5輪、1週間経つと2/3の10輪が開花。最初から咲いていた花は萎れず健在です。

カサブランカが歓ばれるのは何と言ってもその芳醇な香り。リビング全体を香りが包み込み、女性ならずとも癒されます。どうやら、カサブランカの香りは花弁の基部内側の蜜腺から発出されているようです。わずか3本なのに開花したカサブランカの直径は20センチ近くにもなりので、写真のように相当なボリュームです。芳醇な香りと共に、純白大輪の花を咲かせるところがカサブランカの最大の魅力なのでしょう。まさに「ユリの王様」です。

切り花を長持ちさせるコツはコマメな水の交換(継ぎ足しはダメです)と涼しい場所において置くこと。開花すると中心に雌しべが1本、その周りを取り囲むように赤い雄しべが6本現れます。先端部分から花粉が出始めると、純白の花弁が汚れてしまうので、ピンセットで摘んで取ってしまいましょう。この作業だけは贈り主である自分の役目と心得ています。

<東京オリンピック中止>を誰も言い出せない本当の理由とは何か?~不可抗力免責条項のない「開催都市契約」~

リモートワークが定着してきて、忙しいビジネスマンやOLも自宅でワイドショーを観る機会が増えたのではないでしょうか。主婦層をターゲットにしたワイドショーをコロナ以前に観たことのない方が寧ろ多いのではないかとさえ思っています。さまざまなジャンル(特に事件・芸能・スポーツ)の情報を提供するこのワイドショーなる番組に、かくいう自分もかなり汚染されつつあります。特に目障りなのがワイドショーに登場する自称感染症専門医。連日、ありきたりのコメントばかり聞かされるとさすがにウンザリです。目下、国民の最大関心事、<ワクチン接種に伴う副反応のリスクは高いのではないか><東京オリンピックは本当に開催されるのか>という2つの疑問にさえ真摯に向き合っているようには到底思えません。前者はメディカルサイエンス、後者は国際契約法に関わる問題です。

ワクチンについては以前触れたので、今回は国民の過半数がすでに開催を疑問視している<東京オリンピック>について考えてみたいと思います。昨日、毎日新聞東京オリンピックパラリンピック組織委員会武藤敏郎事務総長の弁をこう伝えています。

「五輪中止の違約金、考えたこともない・・・そもそも、そんなことを言い出す人がいるのかも含めて、私には予想がつきません」

開催まで2ヵ月と迫ったなか、初代財務省事務次官・日銀副総裁を歴任した俊秀の回答でしょうか。国民を愚弄するにもほどがあります。記者の突っ込みが足らないせいもあるのでしょうが、恍けるのもいい加減にしろと言いたくなります。IOCと東京都が締結した「開催都市契約」(以下:「当該契約」)に従うと説明した上で、損害賠償請求される可能性及び金額について言及すべきだったです。

当該契約第9条[IOCに対する請求の補償と権利放棄]には、いかなる事情に基づいて損害が発生したとしても、開催都市東京は無条件でIOCや受託者(スポンサー・サプライヤー・ライセンシー・放送機関等)に対しその損害や違約金を補償するとあります。補償者は、東京都、日本オリンピック委員会、並びに組織委員会ということになります。これは、さながら江戸幕府が米・蘭・露・英・仏と締結させられた安政五ヵ国条約並みの不平等契約なのです。従って、<東京オリンピック中止>の判断に関して、小池都知事犬猿の仲の菅総理が政府は無関係と主張するのは、ある意味、尤もなことなのです。

更に問題なのは当該契約第66条です。当該契約を解除し大会を中止できるのはIOCのみとされています。想定されている事由は、戦争や内乱などの危機的状況です。東京都が申し出たとしても、考慮されるだけで最終判断はIOCが行います。

最近、米ワシントン・ポスト紙がコラムのなかで、IOC会長のトーマス・バッハ氏を「ぼったくり男爵(Baron Von Ripper-off)」と呼び、「地方行脚で小麦を食べ尽くす王族のように開催国を食い物にする悪い癖がある」と批判しています。

東京都が開催国に決まったのは2013年9月のこと。開催国に名乗りをあげた時点で今般の世界的パンデミックの兆候さえありませんでした。仮にこのとき、国際的ビジネス契約に通常盛り込まれる不可抗力免責(Force Majeure)挿入を申し出ていれば、開催国の芽はなかったことでしょう。IOCが定める「開催都市契約」は欧州の貴族文化を踏襲する極めて一方的で理不尽な内容だと気づいたところで後の祭りなのです。

オリンピック延期に伴い大会経費は膨らむ一方です。国が負担することになったコロナ対策費は960億円!昨年12月に公表された大会経費総額(第五弾)は何と1兆6440億円。オリンピック史上、最も経費がかかる大会になる見込みです。内訳はこうなります。

(東京都)7170億円 (組織委員会)7060億円 (国)2210億円 合計1兆6440億円

さらに、すでに支出した費用、東京都7770億円、国1兆600億円を加算すれば、大会経費の総額は3兆円を優に超えているのです。<東京オリンピック中止>が現実的になってきた今、進むも地獄、退くもまた地獄というわけです。コロナ禍で五輪強行開催へと前のめりになって突き進む日本の姿は、太平洋戦争末期の大日本帝国とぴったり重なります。全国紙は広告主であり五輪スポンサー企業に忖度して、<東京オリンピック中止>を積極的に言いだしません。

五輪狂騒曲は果たして如何なる結末を迎えるのか?都民のひとりとして、貯金が底をついた都の財政をひたすら憂えるばかりです。

会員制和栗サロン「HITOMALU」初訪問

以前から気になっていたスイーツ店、「モンブランスタイル(Mont Blanc STYLE)」が和栗サロン「HITOMALU」と改め会員制になったことを知ったのは年初のこと。気がついたときには第一期会員募集の受付は終了していました。早朝の行列に加わることを躊躇しているうちに、「モンブランスタイル」を訪れるチャンスを逸してしまったというわけです。ダメモトで追加募集の申込メールを送信しておいたところ、3月下旬、お店から返信メールが届いて一般会員登録が叶いました。

会員登録を済ませると、専用サイトから予約できるようになります。営業日は週3日(金・土・日)、カウンター6席のみですから、直前予約はかなり難しそうです。初訪問は5月1日(土)15:00~15:50ということになりました。5分前に現地集合というルールのようです。

カウンターの内側には店主の竿代さんと女性スタッフがひとり。拵える様子を目の前で見ながら、スイーツが提供されるのを待つのは初めての経験です。手入れの行き届いた店内にはジャズが流れ、居心地は上々です。カウンターには栗の木で出来たお盆が置かれ、栗を象った箸置きにお店のパンフが添えられています。

マスク越しに店主がひと品ごとにメニューの解説をして下さいます。メニューは1種類のみ、締め茶は選択できます。日本酒を選ぶつもりでしたが、この日は緊急事態宣言中ということでお酒の提供はありませんでした。5月から涼菓に添えられる季節の果実がイチゴからメロンに変わったそうです。四季折々、メニューに工夫を凝らされているのでしょう。

煎茶
お茶請け(北海道浜中産生クリーム添え栗菓子)
涼菓(自家製モンブランアイス&メロン)
主菓(モンブランデセル)
締め茶(ほうじ茶ラテ・ほうじ茶・和紅茶・日本酒等)

さしずめ、スイーツのコースといった趣向でとても新鮮でした。お目当てのモンブランは、底部から渋皮付きマロンペースト、無糖の生クリーム、円錐を4分割した小ぶりのメレンゲ台、その上に筒から絞り出された和栗のクリームが弧を描いて重ねられていきます。スポンジケーキにクリームという市販のモンブランに慣れているとメレンゲが気になるものですが、当店のメレンゲは小さく控え目で好感が持てました。つい最近、京都の有名店Sの錦糸のようなモンブランを食べる機会があったのですが、メレンゲが大きすぎて頂けませんでした。その点、脇役が出過ぎないHITOMALU印のモンブランはあくまで和栗が主役。細すぎず風味豊かな和栗クリームの方が断然好みです。

カウンター正面の棚には栗の木で作ったというカスタネットが飾られていました。店主曰く、カスタネットは元々栗の実に由来するのだとか。そんな愉しい会話も楽しみながら、あっという間に1時間が経ってしまいました。

歩いて登れない大室山(580m)~富士山と大室山は姉妹の関係~

気象庁は全国48の火山を対象に<噴火警戒レベル>を公表しています。例えば、東京から日帰り圏内にある浅間山は現在レベル2(火口周辺規制)ですから、火口周辺に立ち入れません。噴火警戒レベルは1(活火山であることに留意)でありながら、草津白根山は2018年1月の噴火以降、登山道への立ち入りさえ禁止されています。浅間山草津白根山のような日本百名山であっても、こうした制約はつきものなのです。噴火警戒レベル1でありながら、死者(58人)・行方不明者(5人)含め63人の犠牲者を出した2014年9月の御嶽山の噴火は火山国日本を強く印象づけました。登山者は日本の多くの山々が活火山であることを常に意識してかからねばなりません。

伊豆半島には違った意味で歩いて登れない火山があります。約4000年前の噴火によって形成された大室山(標高580m)は、山全体が国の天然記念物に指定されていて、環境保全の見地から徒歩での登山が禁止されています。従って、低山でありながらリフト(2021年5月2日現在:往復700円)で山頂まで移動することになります。5/2(日)8時30分、現地に到着するとすでに50人ほどの行列ができていました。リフトは9時から営業開始です。2018年に伊豆半島ユネスコ世界ジオパーク(国内9地域)に認定されており、なかでも「伊豆東部火山群」最大級の規模を誇るスコリア丘(きゅう)大室山はジオパークを代表する景観です。噴火口の直径は300m、噴火口の円周約1kmを20分前後で周回(お鉢めぐり)できてしまいます。

この日はお天気に恵まれ、整備された山頂遊歩道を歩きながら圧巻の360度パノラマを堪能しました。南東、城ケ崎海岸の遥か向こうには伊豆大島や利島など伊豆七島が拡がり、北西、山頂標識の先には富士山がはっきりと見えます。大室山は「磐長姫の命」を、富士山は「木花開耶姫の命」を祀っていますので、ふたつの山は姉妹の関係にあります。富士山がきれいに見えたのは姉にあたる大室山のご機嫌が良かったからなのでしょう。

大室山の噴火によって相模湾に大量に流れ込んだ溶岩が波に浸食され、数十メートルの断崖を形成する城ケ崎海岸が生まれたと言われています。高さ23mの門脇吊橋から眺める城ケ崎海岸の景色は見応え十分でした。時間が許せば、海岸線に沿って設けられた「城ケ崎ピクニカルコース(約3km・所要時間1時間30分)を散策するに限ります。

国産ワクチンを開発できない日本は先進国と言えるのか?

先進国と発展途上国はひとり当たりの国民所得(GNI)で線引きされます。直近2018-2020年の境界線は、12235米ドル、円換算(@109円)で133万円でした。日本は、最上位かと思いきや、28位と低位に甘んじています。フランス29位、イギリス30位とG7カントリーが続きます。因みにトップ3は、モナコリヒテンシュタインバミューダです。我が国のこれまでのコロナ禍対応を見るにつけ、国民ひとり当たりの所得低下のみならず、国力の総体的な衰退が気懸りでなりません。

新型コロナウイルスの存在が明らかになって1年3ヶ月。ワクチンの接種率において、日本は米国やドイツなど先進国に周回遅れどころか完全に置いてきぼりを喰らっています。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、米国は集団免疫獲得まで、あと3ヶ月だそうです。日本は接種が始まったばかりですから、3.8年かかると試算されています。ドイツ6ヶ月、韓国が2年弱だと聞かされれば、焦燥感に駆られます。

日本は、人口対比感染者数も死亡者も圧倒的に少ないから、ワクチンは感染者数の多い国に優先的に供給されているのだという説明に耳を傾けてきましたが、ワクチン接種が遅々として進まないのはさすがに行政の怠慢ではないかと思えてきました。

ホワイトハウスを去ったトランプ前大統領は、「ワープ・スピード作戦」と称して、早々と有望ワクチン開発に100億ドル(1兆円)規模の巨額支援を決定。先駆的研究に加え官民連携によって12ヶ月足らずでワクチン開発を成功させ、昨年12月から接種を開始、すでに米国では1億3800万人以上が1回目の接種を終えたといいます。ニューヨーカー曰く、検査はコンビニへ行くような感覚だったそうです。一方、日本は同時期、「GO TO キャンペーン」を打ち出し、予備費、追加補正予算を含め2兆7000億もの巨額予算を計上したのです。

平時から多様なワクチンを確保し、臨床試験の前段階を済ませるという米国のワクチン開発戦略は、兵器開発に匹敵する国家安全保障投資の為せる術と言えそうです。首都東京や大阪で医療崩壊が叫ばれるような国はもはや先進国とは言い難いのです。ワクチン接種で大きく出遅れた日本の消費回復は今年一杯期待薄ではないでしょうか。

気になるEVの売れ行き〜懸念材料は陳腐化リスクか?〜

米電気自動車(EV)メーカーのテスラが4月26日発表した2021年1~3月期決算は売上高が前年同期比74%増の103億8900万ドル(約1兆1200億円)、最終利益は4億3800万ドル(前年同期は1600万ドル)でした。中国での販売が好調だったと伝えられています。

2020年に販売されたEVとプラグインハイブリッド車(PV)の合計は300万台超え、前年比+41%だそうです。新型コロナウイルス感染拡大で新車販売の不振が続くなか、EV+PVの好調な売れ行きは驚異的です。2050年に域内温室効果ガス(greenhouse gas)の排出量実質0を目指すEUがEVへの補助金拡充に動き、欧州が中国を抜いて最大の買い手(総計140万台)になりました。

日本はどうだったかと言えば、25%減の2万9千台。ニッチ市場を牽引してきたのは2010年に市場投入された日産リーフ(EV)。リーフSグレードのメーカー希望小売価格は332万円、国から42万円、都民であればさらに東京都から30万円の補助金が支給されます。エコカー減税も考慮すれば、巷間指摘される高価格がボトルネックだとも思えません。

だとすれば、EV購入を躊躇させる要因はどこにあるのでしょうか。難点とされてきた航続距離の問題もかなり改善されてきています。写真上の日産リーフe+(62kwh)の場合、WLTCモードで458km、エアコンをオンにしたとしても400kmは走れるのではないでしょうか。ここまでくれば充電スピードと航続距離の問題も許容レベルです。

つまるところ、陳腐化リスクが最大の要因ではないかと推測しています。近年、自動車は機械から電子機器に変貌したと言って過言ではありません。日進月歩のテクノロジーの進化によって、年単位で、リチウムイオン電池をはじめバッテリー性能が向上する可能性は大です。補助金のお陰で安く買えたとしても、日本では4年間の継続保有が義務づけられますから、その間に購入した車の価値(下取り価格)が大きく下落する虞が高そうです。イノベーター理論に従えば、目新しさだけではなく具体的なメリットを考慮するアーリーアダプター(自分もそのひとり)をまだ取り込めていないことになります。普及率16%の壁はまだまだ厚そうです。

14サミッター竹内洋岳さんの『下山の哲学』(太郎次郎社)を読む

2012年に日本人として初めて8000m級14座完全登頂を果たした竹内洋岳(ひろたか)さんは、翌2013年に植村直己冒険賞を受賞した日本を代表するアルピニストのひとりです。『下山の哲学』というタイトルに惹かれて、本書に手を伸ばしました。1984年にマッキンリー(デナリ)で消息を絶った植村直己さんは、数々の名言を残されています。なかでも、<冒険とは、死を覚悟して、生きて帰ることである>という言葉が脳裏に焼きついています。冒険を登山に置き換えれば、下山して初めてミッションコンプリートなのです。然るに、華々しい登頂記こそ多けれど、下山のプロセスを克明に描いた本は殆どありません。

下山記録が少ないのは、登頂後一刻も早く下山しなければ命の危険に晒されるのでその余裕がないからだと竹内さんは言います。体力が残っているうちにBCにたどり着けなければジ・エンドというわけです。<重力にまかせてズンズン降りていく>という竹内さんの言葉にすべてが集約されている気がします。山では止まったら絶対に降りられないからです。アルパインスタイルの場合、予定が延びても数日、食糧が尽きてもひたすら歩くしかありません。

本書のサブタイトルは<登るために下る>。1995年のマカルー(8463m)を皮切りに2012年のダウラギリ(8167m)まで、14座を完登するためには無傷で下山しなくてはなりません。特に凍傷は禁物です。一度凍傷で指を落とすと、ほかの指も凍傷になりやすいのだそうです。ところが、2007年、竹内さんはガッシャーブルムII嶺(8035m)で雪崩に呑み込まれ300m転落。片肺が潰れ、背骨や肋骨が5本も折れる重傷を負いながら、奇跡的に命を繋ぎ止めます。帰国までの経過を知ると、山の神の御加護としか思えません。

登山にはリタイアがありません。登頂したら必ず自力で下山するしかないのです。マラソンなら、途中で走ることをやめてしまえば、苦痛から逃れることができます。しかし、登山は下ってきて初めて完結するのです。そんな当たり前の大原則を14サミッターが身を挺して教えてくれました。

厳しい試練の連続に身を投じながら、竹内さんは4座目のナンガパルバット(8126m)を「楽しんで下ったはじめての山」だったと述べています。竹内さんにとっては心安らぐ稀有の刹那だったのでしょう。「一歩一歩、惜しみながら下ります」と表現されています。アマチュア登山者のひとりとして、よほどのアクシデントに見舞われないかぎり、一歩一歩、惜しみながら下山したいものです。

下山の哲学──登るために下る

下山の哲学──登るために下る

  • 作者:竹内 洋岳
  • 発売日: 2020/10/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)