「那智の滝」はご神体だった!

今年3月下旬、初めて紀伊半島の深奥にまで分け入って、念願の熊野詣を果たしました。自宅を4時に出発、最初の目的地「熊野速玉大社」に着いたのは11時過ぎでした。車の走行距離は539km、その日は白浜まで移動しましたから、延べ650kmを走った計算です。

熊野那智大社に近づくと生憎の雨。傘をさしての参詣となりました。社殿は467段の石段の上(標高約330m)にあって、夫須美神(ふすみのかみ)が御主神です。「熊野那智大社」のルーツは、「那智の滝」への自然信仰に遡るだけに、一帯にスピリチュアルな雰囲気が漂っています。御神木の「楠」の樹齢は800年、護摩木に家内安全と書いて、お胎内くぐりも体験しました。お隣には南紀最古の建築「青岸渡寺」(創建は4世紀にまで遡ります)の本堂(1590年に秀吉が再建)があって、ご本尊の如意輪観音は、インドから渡来した裸形上人が那智の滝壺で見つけたものと言われています。同寺は、西国33ヵ所観音霊場めぐりの一番札所でもあります。

本堂の後方には朱色の三重塔が聳え、那智の滝を臨む景色は実にピクチャレスク。雨天で狙った写真撮影は叶わず、写真はネットから拝借したものです。今回は山全体が烟ってこの絶景は拝めませんでしたが、却って、草木緑が潤っていい塩梅でした。決して負け惜しみではありません。

眼下にお茶屋さんが見える辺りまで来ると、那智の滝が見えてきました。石畳の急坂を下ると、飛瀧(ひろう)神社の鳥居があります。本殿はありません。眼前の滝を拝むことになります。「那智の滝」自体が御神体なのです。拝観料を払うと、お滝拝所舞台にまで進めます。滝の落ち口で三筋なって落下するところも確認できます。

白洲正子さんは、『西行』(昭和63年)のなかで「那智の滝は、滝そのものが御神体である。(中略)西行那智に籠っていたのに、滝については一言も語らず、その周辺のことしか歌っていないのは、神は礼拝するもので、触れてはならぬという信念に徹していたのであろうか」と述べています。落差133mの日本一の名瀑を前に敬虔の念が募り、言葉は要らないと感じたのでしょうか。西行の「何事のおはしますをば知らねどもかたじけなさの涙こぼるる」という歌に、当時の誰よりも神仏を崇拝していた西行の思いが込められていると白洲正子さんは言います。

6月25日の朝日新聞宗教学者山折哲雄さんが「風景にとどまらない信仰の滝」と題した文を寄せて、根津美術館所蔵「那智瀧図」(国宝・作者不詳)(唯一の垂迹画)に言及しています。ドゴール政権で文化相を歴任したアンドレ・マルローが「那智瀧図」に魅せられ、熊野山中に足を運び画家の視点を発見したというエピソードに触れ、マルローは滝が権現の化身であることに気づいていないと辛口のコメントも付け加えています。さはさりながら、キリスト教信者の多いフランス人に自然に霊が宿ると考える日本独特の宗教観に気づけというのは、少々無理があります。右上部の月はともかく、滝手前の拝殿の屋根も凝視しないと気づかないかも知れません。

紀伊半島そのほとんどが山。古来から自然を畏敬し、崇め、信仰を深めていった日本人にとって、熊野は、昔も今も、俗界と隔絶した聖域なのです。

2019年ウィンブルドン選手権テレビ観戦にはコカ・コーラエナジー

ロンドンとの時差は8時間(サマータイム)。開催中のウィンブルドンセンタコート第2試合ともなると、試合開始は日本時間で23時を回ります。1stウィークを勝ち抜いた錦織選手は2018年同大会に続きベスト8に進んでくれました。睡眠時間を削ってテレビにかじりついて甲斐があったというものです。QFの錦織vsフェデラー戦、第1セットは試合巧者の錦織が立ち上がり少しもたついたフェデラーを攻め、6-4でゲット。第2セットはさすが芝の王者フェデラー、きっちり切替えて錦織を1-6でお返し。第3セット、第4セットもフェデラーが連取で錦織敢闘及ばず、ベスト8で敗退でした。仮に勝ったとしても、SFはナダル、Fはジョコビッチとラスボスが待ち構えています。立ちはだかるBIG3の壁は依然高くて険しい、あらためて痛感させられたマッチでした。

ウィンブルドン選手権期間中、眠気覚しに、7月1日新発売のコカ・コーラエナジーを試してみました。エナジードリンクでは圧倒的に後発のコカ・コーラ。初っ端は品薄かなと思いましたが、幸い、近所のファミマにありました。クールなボトルデザインに赤のプルトップ、ルックスは申し分ありません。世界最多販売数を誇るレッドブルの日本上陸は2005年、雄牛が向かい合うレッドブルのボトル外観もスタイリッシュですが、個人的にはコカ・コーラエナジーの方が好みです。

f:id:uribo0606:20190711094422j:plain

カフェインはどちらも100mlあたり32mg。栄養成分ではレッドブルが優っているようですが、飲み慣れたコカ・コーラの方が値段もお手頃(180ml税込206円)ですから、深夜の映画鑑賞やスポーツ観戦のお伴にうってつけですね。

コラントッテTAOネックレススリム(RAFFI MINI)の効用や如何?(+取扱説明付き)

最近、研修医の息子が帰省した折に、首にネックレスをしているのに気づきました。尋ねると、磁気の力でコリを緩和するスポーツグッズの類いだと言います。効果があるのかと聞けば、曖昧な返事ながら、医療機器として認証を受けているというではありませんか。公式サイトで詳しく調べてみると、特許を取得した永久磁石が、樹脂コーティングされたネックレス内部に1cm間隔で配置されているようです。広島の菊池内野手宇野昌磨も愛用しているのなら....満更でもあるまいと思うようになりました。1日短くても7〜8時間はPC向かっているので、肩から首にかけてのコリが慢性化しているように感じる昨今、試しに買って試してみることにしました。

コラントッテ.....覚えにくい社名ですが、1997年に設立されたれっきとした日本の会社(大阪市中央区南船場)です。コリトッテの連想で覚えることにしました。フラグシップモデルTAOのネックレスRAFFIのスリムモデルが今年3月に発売されたと知って、シンプルなデザインのブラックをネット注文しました(都内ではタカシマヤ日本橋などに実店舗があるようですが行くのが億劫でやめました)。ネット注文だけに、適応サイズはずいぶん悩みましたが、大きめのLL(51cm)を選択。届いて着用してみると、首から少し垂れた感じで窮屈な感じではありません。ジョイントはステンレス製で、ミニはRAFFIより45%軽量化されているものの、磁力(55mT)は同じという点が気に入りました。ジョイントの両側から脱着可能で、差し込むときは少し強めに穴に押し込む感じ、外すときはポキッと枝を折る感触で簡単に取り外しができます。

購入してから約半月が過ぎましたが、着用中(濡れても構わないようですがお風呂では外しています)は首回りが少し温められているような感じです。まだ効果を実感したとまでは言えませんが、血液に磁界を加えると、血液中のイオンが増えて自律神経の働きが改善し血流が促進されるという効果を信じて、着用を続けるつもりです。

虎屋菓寮の居心地の良さ

梅雨寒の土曜日、きくかわで絶品鰻丼を頂いた帰路、昨年新装オープンしたとらや赤坂店の菓寮に立ち寄りました。限られた駐車スペースに待ち時間なしで車を滑り込ませることができてラッキーでした。

2018年10月に竣工したとらや赤坂店は、青山通り(国道246号)を挟んで東宮御所と対面する好立地に店舗を構えています。246を通るたびに、開放感溢れる低層和モダンの建物が気になっていました。敷地の有効利用を考えれば、以前の9階建店舗のように高層を維持しても良さそうなものです。にもかかわらず、出来上がったのは全面ガラス張りの低層店舗。周辺環境に配慮した経営者の英断は賞賛に値します。東京オリンピックを控え、雨後の筍のように次々と建設される似たり寄ったりの味気ない高層ビルに辟易していただけに、京都発祥の老舗和菓子屋さんの心意気に感じ入っているところです。今や、赤坂界隈随一のランドマークです。

設計したのは、京都御所の西側に構えるとらや京都一条店も手掛けた内藤廣さん。一度だけ、一条店を訪れたことがあります。和菓子の本場、京都だけに伊右衛門カフェなどライバル目白押しですが、京都一条店のシックな内装と落ち着いた雰囲気は記憶に強く残っています。

1階カウンターで待ち時間40分前後の菓寮の受付済ませ、地下のギャラリーへ向かいました。フローリングから天井まで内装は檜、ギャラリー内部は組子細工のような設えです。東京出店150周年記念展(「千里起風」展)が開催中でした(無料)。巻紙に沿って会場を回ると、5世紀にわたるとらやの歴史が分かる寸法です。「虎屋」は会社名、「とらや」はブランド名と使い分けているのですね。<南極へ行った羊羹><羊羹、エベレストに登る>というキャッチコピーを前に、しきりと頷いてしまいました。羊羹は保存食として知られていますが、一口サイズの「小形羊羹」(1本税込270円)(「夜の梅」50gで148kcal)は登山やトレッキングにもってこいですね。賞味期限は1年と書かれていますが、開封しなければ10年単位でもちそうです。

ギャラリーを見た後は2階のショップスペースで水羊羹を買って、菓寮のソファで席が空くのを待ちました。16時過ぎに着席して、写真のような白玉ぜんざいを頂きました。こんな居心地のいい和風カフェは、都内で他にに見当たりません。また訪れようと思います。

カンボジアのe-Visa取得に伴うトラブル対応

7月中旬のカンボジア入国に先立って、最近e-Visaを取得しました。観光ビザの種類・取得方法・費用は国によってまちまちで、海外に出かけるたびに困惑させられます。今年のGWにバンクーバー経由乗継ぎで米国入りしたときに、eTA(カナダドル7$)が必要でした。2016年3月15日に義務づけられたことをすっかり忘れていて、少々面喰いました。今回は、カンボジア入国後にベトナムに向かうのですが、ベトナムは短期滞在15日間であれば無査証滞在が可能です。ところが、隣国でありながら、カンボジアは入国に際してビザが必要になります。しかも費用は1entryで36米ドル・・・高すぎです。逆に、日本は68ヵ国に対してビザ免除していますから、ここは互恵主義(reciprocity)適用が筋ではと思ったのですが、日本政府はベトナムカンボジアにはビザを免除していませんでした(アジアでは香港・シンガポールなど9カ所が免除)・・・致し方ありませんね。因みに、ビザが免除されない外国人が日本に入国・滞在する場合、邦貨換算で、一次有効ビザは約3,000円、数次有効ビザは約6,000円、通過ビザは約700円を支払うことになります。

大使館に二度出向くのが億劫な人には、e- Visaがおススメです。スマホで自撮りした写真とパスポートの画像をアップするだけで済みますし、記載事項も以下のとおり至ってシンプルです。米国電渡航認証ESTA(14米ドル)のように、入国目的や犯罪歴など長々と質問に答える必要はありません。

・姓名
・生年月日
・住所
・出国予定日

少し気懸りだったのは、パスポートの画像をアップさせられること。Web上で公式サイトであることをキチンと確かめて臨まないと、個人情報をフィッシングされる可能性もありますから用心に越したことはありません。

あっという間に済むかと思いきや、コスト(36米ドル)をカード決済するステップ4でつまずきました。visaカードを選択しようとしても画面がフリーズしてそれ以上先に進めないのです。最初からやり直そうとしても同様でした。ほどなく、e-Visa Submitと題したメールが自動返送され、すでに受付けられた恰好です。メールの下部に、Check & ChangeというURLをクリックして、不完全な項目を補充しなければなりません。再度、カード決済を試みますが、画面はフリーズしたままです。

日本のカンボジア大使館はe-Visa対応してくれないので、連絡をしたとしても恐らく取り次いでは貰えないでしょう。本国の担当部署に状況を伝えるメールを打って、Web上のlive chatでも画面フリーズを訴えたのですが、その日は梨の礫でした。chat上では4人待ちでしたが、結局担当者もchatに現れませんでした。

翌日、ランチタイムにトライしたら、決済画面は復旧していました。一時的なネットトラブルだったのか、こちらからのメールに対応したのか定かではありません。出国が近づいていただけにヤキモキさせられました。数時間後には、eVisa Approvalメールを受信、添付ファイルで取得が確認できました。姓名が反対だったので、コレクションリクエストをメールで依頼すると、すぐに訂正したeVisaが送られてきました。下の写真のようなビザを受信したら、当該ファイルを2部印刷(カラーでも白黒でもOK)して、出入国時に提出するだけのようです。

こうしたトラブルは付き物、観光ビザ申請手続きは早めに行いましょう。

三谷歌舞伎「月光露針露日本(つきあかりめざすふるさと)」

幕開け、背広姿の松也が花道から登場。怪しげな教授風の役柄で、時代背景を解説しながら、観客を生徒に見立て、満席の客席に返事をさせて笑いを誘います。あっという間に、グイグイと三谷ワールドへ引き込まれます。黒眼鏡をかけた松也の風貌は三谷幸喜を彷彿させます。一幕目から白鸚幸四郎染五郎三代揃い踏み、高麗屋が舞台の華となり、猿之助愛之助が幕切れまで脇を固めるという贅沢な布陣です。

原作は漫画「風雲児たち」(みなもと太郎原作)。18世紀末、船頭大黒屋光大夫(こうだゆう)と水主総勢18名が乗り込んだ神昌丸が、出航からわずか4日後に駿河湾沖で難破。太平洋を北へ漂流し、アリューシャン列島アムトチカ島に漂着、その後もロシアの内陸へと日本から遠ざかる過酷な旅を続けます。今回の三谷歌舞伎は、日露国交樹立のきっかけとなった実話に基づいています。

二幕目は厳寒のカムチャッカから。脱落者が続出。窮地に追い込まれた6人が自虐ネタを武器に笑いを増幅させていきます。染五郎演じる頼りなげに見えた水主磯吉は、いつのまにかロシア語を身につけ、ロシア人姉妹と恋に落ちます。船頭の幸四郎が花道七三で「あの女は中の下だ」やめとけと身振り手振りで繰り返すシーン、実の親子だけに爆笑でした。磯吉が長い旅路で成長するように、昨年襲名披露したばかりの染五郎(中学3年生)が着実に役者として成長・進化していることを確かめられたのは、今回の三谷歌舞伎の最大の収穫でした。近年、重鎮が次々と他界する梨園にあって、躍進する若手の筆頭格ではないでしょうか。

荒屋だけの舞台装置に工夫が足らないと思っていたら、犬橇シーンで見せてくれました。ミュージカルキャッツよろしく、着ぐるみ姿のシベリア犬が次々と現れ、舞台を右往左往、果てしなく続く雪原シーンを見事に再現してくれました (史実では6000kmを2ヶ月で踏破したといいますから、犬橇行は大成功でした)。オホーツク、イルクーツクヤクーツク……言葉遊びも巧みで、三谷流笑いの世界は歌舞伎役者さえ縦横無尽に操ります。日本から遠ざかるばかりの前途険しい旅路にあって、一行から滲み出るペーソス(哀愁)あっての泣き笑い、見事な演出でした。

終幕となる第3幕は、イルクーツクの光大夫屋敷からサンクトペテルブルクでの女帝エカテリーナ2世謁見へと展開します。宮殿に場面が変わると、そこが歌舞伎座の舞台だということを一瞬忘れてしまうそうになりました。BGMが流れ、宝塚やミュージカルさながらの豪華絢爛な舞台だったからです。三谷流を牽引したのは、3幕から登場したフィンランド出身の植物学者キリル・ラクスマンを演じる八嶋智人(日本へ同行するアダム・ラクスマンと二役)でした。失意のどん底にあった光太夫一行の帰国に尽力した実在の人物です。舞台を所狭しと走り回る小柄な八嶋のエネルギーとテンポのいいおしゃべりに観客は瞬く間に虜になります。登場するや万雷の拍手が八嶋を迎えました。彼の歌舞伎座デビューを大歓迎した証です。それからは、八嶋の独壇場・・・歌舞伎役者を翻弄したといっても過言ではありません。

エカテリーナ2世が帰国を認めると、一転、舞台に静けさが戻ります。帰国を断念した庄蔵(猿之助)と新蔵(愛之助)のふたりが仲間と別れるシーンは、義太夫節とシクロして涙を誘います。10年に及んだ長い長い旅は、小市が息途絶え、舳先に残った幸四郎染五郎ふたりが懐かしい日本の沖合(実際は根室沖)を見遣って幕切れとなります。千穐楽を翌日に控えたこの日、2度目のカーテンコールが始まるとスタンディング・オベーション。三谷歌舞伎が連日大盛況だったのも納得の舞台でした。様式美を重んじる古典歌舞伎に新しい挑戦を試みる新作歌舞伎が加わって、これからますます歌舞伎座は熱くなりそうです。

キーコーヒーの2019年株主総会と2000万円不足する年金ライフ

上場各社の株主総会が集中する6月最終週を迎え、家内がキーコーヒー株主総会に出掛けました。そもそも、最低投資単位かそれに毛の生えた程度の株数しか持たない個人投資家にとって、退屈な株主総会に出席するメリットは殆どありません。野次馬根性旺盛な株主であれば、社会問題を惹起したスルガ銀行や役員人事で混乱するLIXIL、ゴーン問題で揺れる日産などの株主総会へ足を運ぶの一興かも知れません。やむなく売りそびれた株主のささやかな抵抗とも言える怒号やヤジが飛ぶ総会であれば、睡魔も襲ってこないはずです。

朝食に珈琲の欠かせない我が家では、キーコーヒーの年2回の株主優待目当てで、長年、キーコーヒーの株を保有しています。近年、同社の株価パフォーマンスは一向に冴えませんが、コーヒ生豆相場も動向に影響を受け易いので、相場に関心を払うという意味では保有メリットもなくはありません。

家内曰く、総会会場でアイスコーヒーを飲み、ホットでトアルコトラジャコーヒーをいただきという具合で愉しいひとときだったようです。たまたま新宿で別の用事があったので出席したようですが、店頭で販売されないコーヒー豆の即売会も催され、総会お土産と共に購入したコーヒー缶をいくつか持ち帰ってきました。アマンドの製品が会場で売られていたとも。

キーコーヒーは、議決権割合で、アマンドに100%、イタリアントマトに58.63%、ルノワールに34.15%、それぞれ出資しています。招集通知やHPを見れば分かることですが、総会に足を運べば、意外な発見があるものです。

海外の投資家や機関投資家にはいたって不評の株主優待制度や総会お土産は、近年、廃止や見直しを検討する企業が増えています。やれ、ガナバンスだ、株主還元だと騒ぐ大口株主の意向も分からなくはありませんが、冴えない日本の株式市場において、優待制度は切り捨てて欲しくない日本独自の良き慣習であり遊び心の表れだと思っております。足下、安倍政権を揺るがす2000万円不足するという年金ライフ問題も、GPIFや日銀が優待株を買い支え、年金生活者に長期安全投資を促せば、少しは潤いも生まれるのではないでしょうか。