NHKスペシャル「東京超高層シティ 光と影」(2019/4/6放映)を見て

元号移行まであと8日。平成を振り返るテレビ番組が目白押しのなか、4/6に放映されたNHKスペシャル第6回「東京 超高層シティ 光と影」と題する番組は、実に興味深い内容でした。 失われた20年と呼ばれるように、バブルに踊らされた日本経済は気がつけば不良債権の山を抱え、1990年代前半から塗炭の苦しみを味わいました。今回のNスペは、そんな未曾有の逆境にあって、首都東京が高層都市化に大きく舵を切って、2020年の東京オリンピックを前に大きく変貌を遂げた背景に迫りました。

番組は、冒頭、平成30年間に高さ100mを超える高層ビルが三大都市圏に448棟誕生したと紹介します。100mと言われてもすぐにはピーンと来ませんが、身近になったタワマン(高さ60m超又は20階以上)30階の屋上に相当する高さです。448棟のうち実に7割近くは東京圏で建設されたそうです。今や、東京は、オフィス床面積でNYやロンドンを凌ぐというから驚きです。

高層都市化を紐解くキーワードは「空中権」の売買。JR東日本が、丸の内の大家さんこと三菱地所に持ちかけたのは、500億円で東京駅の「空中権」を買わないかという提案でした。「空中権」を売却して得た資金を東京駅丸の内駅舎の復原費用に充当するというのがJR東日本の腹積もりでした。当時の東京駅周辺の容積率は1000%、高さ制限は31m(8階建相当)でしたから、丸の内仲通りを挟んだビル群は圧迫感のない高さに抑え込まれていました。ここでふと思い出されたのは、猪瀬直樹の『ミカドの肖像』冒頭の下りでした。日比谷通りに面した東京海上が、高さ128m、30階建の本社ビルを申請したところ、許可が下りるまで何年もたらい回しにされ、挙句、高さ99.7m・25階建しか建設出来なかったというエピソードのことです。天皇をめぐる不可視の禁忌、すなわち、皇居を見下ろしてはならないと国も東京都も真面目に考えていたわけです。

JR東日本の提案は、バブル崩壊後テナント集めに苦労していた三菱地所には渡りに船。ところが、東京都は当然のことながら難色を示します。こうした提案が、都心一極集中を排して新宿副都心をはじめとする広域に都市機能を分散させたいという都の方針に反するものだったからです。今日、美しくファッショナブルな街並みに生まれ変わった丸の内界隈や5年に及んだ復原工事でかつての姿を取り戻した東京駅丸の内駅舎を眺めていると、当初の行政の対応には当然ながら首を傾げざるを得ません。「空中権」の売買を後押ししたのは、石原元都知事と小泉元首相の英断でした。首都東京の未来図を透視したふたりの政治家の決断が、東京の顔東京駅丸の内駅舎を復原させたのです。松田昌士JR東日本元社長が、現・東京駅(中央停車場)を設計した辰野金吾を「(明治人は)教養の基礎が違う」と形容したのは至言だと思いました。

一方、六本木6丁目で再開発を手掛けていた森ビルに、米投資銀行の雄ゴールドマン・サックスは巨大地震でもビクともしないオフィスビル(六本木ヒルズ-2003年竣工)でなければ入居しないと迫っていました。故森稔社長は当時、その要求に応える形で世界で最も安全な防災システムを作り上げようと決断します。森ビルは、今日では広く普及しているオイルダンパーを使って高層階の揺れを抑える工夫に加え、地下6階部分に100億円という莫大なコストかけて自家発電施設を設けることになります。自家発電施設といっても、その発電能力は3万8650kw。都心の発電所(都市ガスによる)といって過言ではありません。2011年の東日本大震災のとき、計画停電で街の灯りが消えるなか、六本木ヒルズ東京電力に余剰電力4000kw(一般家庭1100世帯分に相当)を供給していたのだそうです。都心を震度5強という大きな揺れが襲ったのに免震構造が奏功、最上階でグラスひとつ割れなかったといいます。

f:id:uribo0606:20190422194220j:plain

丸の内と六本木の再開発にまつわるこうした逸話を知って、大都市東京の街づくりにおいて大手デベロッパーが果たした役割に敬意を表したいと思います。ただ、惜しむらくは、19世紀にジョルジュ・オスマンが取り組んだパリ大改造と比較すると、東京の街並みは不揃いで統一的美観への配慮が些か欠けているように感じます。番組では影の部分への言及に消極的でしたが、人口減少社会にあって空き家が深刻な社会問題と化しているように、近未来に超高層ビルが廃墟にならないという保証はないでしょう。今も進行中の数々の都心大型プロジェクトは成算あってのことを思いながら、一抹の不安も頭をよぎります。

生食パンブーム〜LA PANのクリーミー生食パン〜

最近、知人から「クリーミー生食パン」を頂戴しました。ピアノ鍵盤をあしらった紙袋がとてもチャーミングです。隣駅の武蔵境に今年1月にオープンしたばかりのLA PAN(ラ・パン)というパン屋さんの製品です。メディアで取り上げられることの多い「乃が美」(都内には麻布十番にしか店舗がありません)の生食パンが気になっていたこともあり、早速、試食してみました。

ほのかで上品な甘みがあって、そこいらの食パンとは次元の異なる美味しさです。美味しさの秘密は生地に練り込まれた蜂蜜にあるようです。パンフレットを読むと、卵もイーストフード(イースト菌を活性化させる食品添加物)も不使用とあります。トーストで焼いたり、サンドイッチも試してみましたが、バターもジャムもつけずにそのまま食べるのが一番美味しく感じられました。<生食パン>という聞き慣れない言葉は、どうやら、何もつけずにそのまま食べるという意味らしいのです。「高級「生」食パン」という名称については、2015年4月に乃が美の商標登録が認められています。後発のラパンの「クリミー生食パン」は称呼類似にあたりそうですが、消費者としては近所で美味しい食パンが入手できれば名前なんて気にしません。

最後にコスト比較をしておきます。日常的に我が家の食卓に上るヤマザキロイヤルブレッド(2012年発売)は1斤(6枚切り)231円。乃が美は1斤税込432円、ラパンのSサイズ(1斤に相当)は税込440円ですから、生食パンの価格は2倍弱。贈り物として重宝されそうですが、原材料にこだわって作られているので許容範囲の価格帯ではないでしょうか。現に、乃が美は順調に店舗拡大を続けており、現時点で125店舗。消費者は価格に見合った高品質な商品だと判断すれば、財布の紐を緩めてくれるのですね。

日本近代文学館のカフェレストラン「BUNDAN」〜生誕110年太宰展とともに〜

先週末、日本近代文学館(目黒区駒場)で開催中の「生誕110年太宰治 創作の舞台裏」展を訪れました。界隈にはお気に入りの日本民藝館がありますから、駒場は決して疎遠な場所ではありません。ところが、ついでに立ち寄ればいいものの、日本近代文学館とはずいぶんご無沙汰でした。1967年竣工の日本近代文学館の第一印象は古びた所蔵庫、展覧会も地味で正直あまり惹かれなかったからです。今回、久しぶりに訪れてみて、そんな勝手な思い込みを大いに反省しました。太宰展は初日、若い人を多く見かけました。最近、発見されたという『お伽草紙』の完全原稿や『富嶽百景』冒頭の典拠資料(『富士山の自然界』)など、見所たっぷりでした。さすが、太宰研究第一人者安藤先生の編集だけあります。春陽堂書店刊行の図録の出来栄えも良かったので、帰り際に買い求めました。

驚いたのは、併設カフェレストラン「BUNDAN」(9:30〜16:30)が大賑わいだったこと。2012年に旧すみれ食堂の後釜に入ったのが、Coffee & Beer BUNDAN。天井にまで届く入口右手の書棚には、オーナー草彅洋平さんの蔵書約2万冊が収まっています。これだけなら、最近流行りのブックカフェと大して変わりませんが、メニューには様々な工夫が凝らされていて文学マニアのハートを鷲掴みにするのです。梶井基次郎の『檸檬』に因んだ檸檬パフェや文人御用達の銀座「カフェパウリスタ」で提供されていたブラジルコーヒーを再現したりと、作家や作品を連想させるメニューが目白押しです。坂口安吾好みの「焼鮭のサンドイッチ」なんて粋じゃありませんか。入口付近のショーケースには、川端康成愛用の原稿用紙や作家グッズが陳列販売されています。遊び心満載の「BUNDAN」の隠れ家っぽい雰囲気も魅力のひとつです。とにかく混み合いますが、天気のいい日はコーヒーをオーダーして、建物1階のテラスに移動して寛ぐ手もあります。唯一の難点は、活字文化の凋落のせいでしょうか、日本近代文学館は月曜日だけでなく、日曜日と第4木曜日も休館だということ。お出かけの節は、休館日に要注意です。

井の頭公園西園グラウンドでLSD

先週、満開を迎えた桜が一週間もってくれたお陰で、今週末も近所の玉川上水井の頭公園の桜はまだ見頃、お花見客で溢れ返っていました。今日の最高気温は22度、適度な風もあって外気に触れていた方が気持ちがいいに違いないと思い、ジムは急遽お休みにして井の頭公園西園グラウンドを走ることにしました。マイ・ホームグラウンドは自宅から数分足らずの場所にあります。

日差しが弱くなった16時過ぎに自宅を出発、井の頭公園西園グラウンドの400mトラックを25周した後、LSDに切り替えて6周、久しぶりに気持ちのいい汗をかきました。LSDとはLong Slow Distanceの略語、1キロを6分から8分でゆっくり長く走ることを意味します。1万メートルを40分前後で走れたとしても(これもきついのですが・・)、ハーフマラソンやフルマラソンではそうはいきません。LSDは、遅筋と呼ばれる長距離走に耐えられる筋肉を鍛えるのに効果的だといわれています。

その上、長時間走ることで脂肪が大量に燃焼されるので、体重コントロールにもうってつけです。ちょっと食べ過ぎたりして体重が1kg増えただけで、1時間以上走るのが結構しんどく感じたりするものです。ジムにこだわらず、脂肪を効率的に燃焼させてエネルギーに変えられるアウトサイドのLSDに今年は積極的に取り組んでいこうと思っています。LSDは走り終わったあとの爽快感も格別ですから、本格的な夏の到来前までにトレーニングの比重を増やしていおきたいものです。

銘酒「三諸杉」を鈴木都さんの瀬戸黒ぐい呑で頂く

高野山の宿坊で一泊した後、鳥羽に向かう途中、奈良県桜井市にある今西酒造を訪れました。WOWOWの銘酒誕生物語で知った今西酒造は、「三諸杉(みむろすぎ)」という銘酒を造っている350有余年続くこじんまりとした酒蔵です。14代当主の今西将之さんは、先代が急逝して経営危機に陥った蔵を数年で立て直した若き蔵人として知られています。

<三諸(みむろ)>は、<三輪>を表す古語だそうです。今西酒造本店は酒造りの神様として知られる大神神社(おおみわじんじゃ)のお膝元にあります。本殿が存在せず、三ツ鳥居から「三輪山(みわやま)」を拝するという自然崇拝がこの社の特徴です。「三諸杉」の仕込水は御神体三輪山」の伏流水、霊験あらたかな御神水が使われています。本店の店頭に吊るされた杉玉は、大神神社からの賜り物。三輪の里は杉玉発祥の地でもあり、大神神社から全国の酒造に杉玉が届けられるのだそうです。

店内で勧められた3本を買い求め、今宵は季節限定の純米吟醸「三諸杉 春酒ものがたり(無濾過生原酒)」を黒田陶苑から届いたばかりの瀬戸黒ぐい呑で頂きました。酒米は雄町、精米歩合は60%、アルコール度は15%。無濾過生原酒原酒というのは、いわば、すっぴんの日本酒のこと。細かいお米のカスの除去もされていませんし、殺菌のための火入れも加水もなしですから、酒蔵自慢の一本といえます。

色は白濁、適度な酸味があってフレッシュな味わいを楽しめました。リーデルの日本酒用のグラスで試してみても良さそうです。

熊野古道(中辺路)を歩く

世界遺産 熊野古道 とっておきの聖地巡礼』(メイツ出版)というムックを手元に温めて5年余り、この春、初めて紀伊半島の深奥に分け入り、念願の熊野古道歩きを実現しました。といっても熊野三山へと通じる熊野古道は6つもルートがあって、今回(2019年3月22日)訪ねたのは、「中辺路(なかへじ)」と呼ばれる最もポピュラーな参詣道の一部、〈牛馬童子口〉から〈野中の清水〉に至る約5キロの道程に過ぎません。

もう少し時間が許せば、手前の〈滝尻王子〉から出発したかった。「中辺路」は、かつて上皇法皇が熊野詣で利用したルートで、〈滝尻王子〉から聖域ともいうべき山道になるからです。箸折峠を下った先の日置川(ひきがわ)では、参詣者が往時禊ぎをしたのだそうです。

東京を発って2日目、起点となる古道歩きの里「ちかつゆ」(和歌山県田辺市)に車を止めて、案内所〈古道歩き館〉で古道歩き体験コースのなかから完歩コースを選んで申し込みました(1人500円)。所要時間は3時間とあります。「ちかつゆ」はコースの中間地点にあるため、DVDのコース案内を見てから専用車で起点の〈牛馬童子口〉へ運んでもらうことになります。

お天気次第ですが、服装はハイキングや日帰り登山の要領で、スニーカーよりトレッキングシューズがベターです。

受け取った「歩きガイド」を片手に歩けば迷うことはほぼありません。標高差は全行程で200m程度です。注意が必要な箇所はスタートしてまもなく到着する箸折峠〈牛馬童子像〉のある場所、そこから道標のある地点までいったん戻って〈近露王子〉の方角へ歩を進めることです。前半はスロープも緩やかで杉木立のなかを進みます。桜の開花時期から新緑の頃には、大勢の観光客が訪れるそうです。オフシーズンだったせいでしょうか、数組とすれ違った程度でほぼルートは貸切状態でした。却って静かで良かったくらいです。

〈近露王子〉を過ぎると、アスファルトで舗装された道も一部歩きます。民家も多く、古道の風情は希薄になります。〈比曽原王子〉は山肌に祠が立っていました。さらに進むと、民宿〈いろり庵〉の女性が声をかけてくださいました。風もなく穏やかな春の光を浴びながら、終着点手前の〈継桜王子〉に予定より早く到達しました。樹齢1000年の杉の巨木や古色蒼然とした佇まいが見どころです。

とがの木茶屋〉で所定の電話番号(0739-65-0510)に連絡を入れると、〈野中の清水〉まで専用車が迎えに来てくれます。車が到着するまで、環境省「名水百選」にも選ばれた清水で喉を潤せば、たちまち旅の疲れも癒されます。

ハイキングの後の腹ごしらえは、「ちかつゆ」施設に隣接したAコープで買った和歌山名物「めはり寿司」。高菜おにぎりは素朴な味で、次回は熊野古道歩きに携行しようと思いました。

リーデルのテイスティングセミナー@新宿タカシマヤ

昨夜、新宿タカシマヤで開催されたリーデルテイスティングセミナー(1時間)に参加したところ、ソムリエ主催のテイスティングセミナーと違って、メーカーならではの視点も手伝って、結構楽しめました。定員は10名、外商さんが早めに教えてくれたお陰でなんとか滑り込めました。

新宿タカシマヤの10階に新設されたキッチンスタジオが会場。物販にこだわらず、こうしたイベントを通じて消費者動向や嗜好を探るというのは、厳しい競争環境におかれた百貨店が、ジリ貧状態を打開するための有効なサバイバル戦略のひとつではないでしょうか。

スピーカーはリーデルの日本法人担当者。キッチンカウンターには4つの異なるグラスとプラコップが置かれています。左から、リースリング/ジンファンデル、樽詰シャルドネピノ・ノワールカベルネメルローというぶどう品種由来のグラスに注がれたワインをテイスティングする寸法です。

我が家もそうですが、重ねられないワイングラスはカップボードの収容能力とご相談。特に、横に膨らんだピノ・ノワールシャルドネ用のグラスはかさばります。従って、常備するなら、主力はカベルネソービ二ョン用の細長いタイプということになります。

いざ、ブルゴーニュシャルドネを対応するグラスで試すと、アロマやブーケを最高の状態で感じることができます。リーデルが、ブルゴーニュの生産者を皮切りにボルドーなど他地域の生産者の声を反映したグラス作りを始めて、60年余が経つそうです。世界的ワイングラスメーカーとしての揺るぎなき地位は、1973年にリリースされたハンドメイドのソムリエシリーズが嚆矢、歴史は思ったより短いのですね。以前は、広くガラス製品を扱う業者だったそうです。

プラコップに移し替えて、シャルドネテイスティングしてみると、香らないだけではなく、肝心のワインの風味も単調でまるでジュースを飲まされているような感覚です。こうして、違った容器を試してみて初めて際立った違いを再認識させられました。ワインの個性を最大限に引き出すべくグラスの形状を変えるという発想は、リーデルの専売特許、ブレークスルーだったわけです。まさにワイングラスのイノベーションです。

ソムリエ主催のテイスティングセミナーのように、極上のワインが供されたわけではありませんが、むしろ、1000円〜3000円前後の普段使いのワインにこそ、その品種にふさわしいグラスが供されるべきなのです。無論、高級ワインなれば、その品格にふさわしいグラスで飲むこと、それが礼儀ですね。

眼から鱗だったのは、グラスに注がれるワインの量は、グラスの最も膨らんだ部分より指一本くらい下にすべきだということ。通常、レストランで供されるグラスワインはボトルの6分の1(125ml)が目安、グラスの大きさや形状によっては膨らみを超えてしまう場合もありえます。ワインの場合、注がれていない空間がワイン個性を最大限に引き出すポイントだということを再認識させられました。グラスになみなみと注ぐなぞ、以ての外というわけです。それから、スワリングはゴシゴシやるべし。自宅ではデキャンティングポワラーを使うので少々スワリングは遠慮していましたが、空気に触れさせてワインを素早く開かせるためには、やはりスワリングも欠かせませんね。

高級ワインのテイスティングでもないのに、セミナー参加費用は14040円でした。セミナー終了後のお土産にと、テイスティングで使用したグラス4種(リーデル・ヴェリタス テイスティングセット)(2014年発売)にデキャンタがついてきました。これで納得どころか大満足でした。リーデルのスピーカーの軽妙洒脱なデモンストレーションのお陰であっという間に1時間が過ぎて、ほろ酔い加減で帰宅しました。次回はスパークリングワインのテイスティングセミナーをお願いしたいと担当者にはお伝えしておきました。