AdBlockの解除のご協力ありがとうございます!

Gotoトラベル~沖縄篇その1・ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄ステイ~

GoToトラベルの開始は7月22日、4連休を見込んだ予想外の早いスタートでした。ところが、感染者の多かった東京は除外、ようやく予約対象になったのは9月18日正午からでした。他地域に遅れること約2ヵ月。時の官房長官菅氏の地盤(神奈川2区)で隣県神奈川県は除外を免れました。コロナ対策で政府を批判した小池都知事への意趣返しも手伝って、とんだトバッチリだったのは総人口の10%強を占める都民でした。税金が原資である以上、GoToトラベルとコロナ感染者数増の因果関係を解明しないで東京を除外するのは、実に非科学的で理不尽そのものです。

とまれ、10月は週末や後ろ倒しにしていた夏休みを利用して、GoToトラベルの恩恵に預かりました。最終週は羽田から石垣島へ直行便で飛び、2泊した後、空路那覇へ移動しました。

那覇初日はハイアットリージェンシー那覇に宿泊、夜遅い時間にチエックインしたので泊まるだけでした。待望のリゾートライフは2泊したハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄(2018年8月開業)で満喫させてもらいました。ハイアットグループが満を持して日本で開業した初のリゾートファシリティだと知って瀬良垣に決めたわけですが、360度海に囲まれた期待以上にハイセンスで贅沢なリゾート空間でした。

なにより、小さな島自体が丸々リゾートになっていて立地景観は抜群です。夜景がまた格別でした。沖縄本島と瀬良垣アイランド間はトゥクトゥクで移動します。入館して先ず驚かされるのはスタイリッシュな吹き抜けのロビー。都心のラグジュアリーホテルでもこれだけ贅沢な空間を擁しているところはありません。ハイシーズンであれば、屋外のインフィニティプールで半日過ごしていたかも知れません。

 

宿泊したのはスタンダードツイン・オーシャンビュー(38平方米)。広めのバルコニーのチェアに座ると、真正面には東シナ海が拡がっています。宿泊中、珈琲片手にバルコニーで潮風に吹かれていると、異国にいるような錯覚に囚われました。天井にはシーリングファンが設置され、木の質感を活かしたシンプルなインテリアが好印象でした。

唯一の欠点は、コロナ禍の影響で朝食は配膳式だったこと。石垣島で宿泊したANAインターコンチ石垣島リゾート・ベイウイング(2020年新設)の朝食がバイキング形式だった上、大変充実した内容だったので、かなりがっかりさせられました。この点が改善されれば、満足度は100%に近いリゾートホテルだと断言できます。ホテルライフにいつもは辛口の家内がベタ褒めでしたので、今回にかぎっては溜飲を下げました。

GoToトラベルのお蔭でコスパは申し分ありません。おまけにホテルクーポンが1泊5000円X2、付与されたので1泊目はカジュアルイタリアンをホテルで楽しみました。ひとり1泊あたり朝食付きで13600円(+地域共通クーポン)でした。幸い、GoToトラベル延長の機運が昂まってきています。来年もう一度休暇を調整して瀬良垣をで宿泊、滞在中、1日は完全ホテルライフを満喫しようと思っています。